看護・医療系学校の経済学。

看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. お役立ち情報
  3. 看護・医療系学校の経済学1

看護・医療系の経済学

学費

学費には、入学金(入学料)、授業料、諸経費(実習費、教科書代)、施設費、維持費などがあります。
設立形態(国立大学・独立行政法人・公・私立)や分野により金額や項目は異なり、また、大学・短大・専門学校によっても差があります。私立大学では、一般的に4年間で700~800万円必要と言われています。

学費の支払い方法にもいろいろな形式があります。
入学金は入学時に全額を納める学校がほとんどですが、授業料は全納のほか、前期・後期の分納式をとっている学校や、看護系の専門学校の場合は月払いという学校も珍しくありません。

私立では施設費・維持費・教育費等を徴収する学校もあり、初年度のみの場合と学年ごとに徴収する場合もあります。
授業で使用する教科書や参考書・器具・白衣等は実費の場合が多く、進級する際には少なからず必要になります。
病院実習の交通費や修学旅行積立金、保険代等、同窓会費等細々した項目もありますので、入学時納入金と初年度納入金が大きく異なることもありますから、要項などで充分チェックしておくことが大切です。

併願制度

一部の学校では併願制度を導入し、併願校へ入学が決定した場合、一定の納入金を返還する制度などを設けている学校もあります。
また、同じ大学や専門学校において他学科との併願(理学療法と作業療法や併設学科との併願)が可能な入試を実施している学校もあります。
ただし医療系の場合、入学金を含めた一時納入金が高額なため、併願の際には注意しておく必要があります。

受験料

入試を受けるには受験料・検定料等が必要です。
不要の学校もありますが5千円~3.5万円前後が必要です。
医療系学校の場合、推薦入試を失敗した場合でもほとんどが一般入試を受験でき、その場合、受験料が不要や半額になる制度を設けている学校もあります。
受験校を増やす分、それ相応の受験料や交通費等(場合によっては宿泊費)が必要となるので、保護者の方とよく相談してください。

学生寮

自宅から通学できない遠隔地の入学者のために学生寮を用意している学校もあります。
看護学校や一部の医療技術学校では学年により全寮制の学校もありますが、基本的には遠隔地の希望者対象となっています。
寮費は国公立の学校などでは無料というところもあります。
学校併設の寮のほか学校と提携した寮(民間の施設)を準備している場合や、奨学金ホスピタルの寮に入れるケースもあります。
形態はワンルーム形式の個室もあれば相部屋というケースもあるので要確認です。

さらに寮費はもちろん、それ以外の食費・光熱水費など諸雑費についても細かく確認して入寮することで無駄のない有意義な学校生活を送ることが可能となります。

奨学金について