「面接」合否が決定される評価のポイントはここだ

筆記試験や調査書ではわからないあなたの人間性や個性が問われる面接。
合否の評価はどこで決まるのでしょうか。面接者にあなたのよい印象をくっきり焼きつけるよい方法を教えましょう。

面接の評価ポイント

  • 志望分野や資格・仕事の内容を理解しているか。
  • 自主性、積極性、協調性、表現力は豊かどうか。
  • 健康状態はよいか。
  • 学習意欲や心構えが備わっているか。
  • 高校生としての教養とマナーを身につけているか。

面接の形式

看護・医療系学校の選考試験ではほとんどの学校が面接を課しています。面接のスタイルも各校さまざま。志望校の面接形式がどんなものかまず調べましょう。
タイプによって準備のポイントも少し違ってきます。
面接のパターンは次のようなものがあります。

個人面接(面接時間5〜20分位)

受験者1人に対して面接者が1人または数人というオーソドックスな形式で、多くの学校で実施されています。
素直に自分の志望動機、勉学意欲や長所をアピールしましょう。

集団面接面接時間10〜30分位)

数人の受験者がいっしょに面接を受けるもの。ほかの人への質問だと思っていると急に「あなたは?」と聞かれたりします。
人の話も注意して聞くことが大切です。

討論(面接時間20〜60分位)

受験生(7〜10名)がグループになり、与えられたテーマでディスカッションをし、意見を述べるもの。指導力、積極性、協調性などがチェックされます。
相手の意見を認めながら自分の主張を論理的に話す態度が必要とされます。

学力・一般常識が問われる面接(面接時間5〜20分位)

面接のなかに口頭試問が取り入れられた形式。各教科の基礎知識や時事問題などが問われます。
なお、学校によっては個人面接を2回行ったり、個人面接とグループ討議を組み合わせたり、グループ面接に口頭試問があったり、さまざまなパターンで面接が実施されています。

評価方法

面接の評価方法は、点数化する場合もありますが、多くの場合はA〜Cの3段階評価や、A〜Eの5段階評価の方法がとられます。面接が修了して、その場で面接者同士が話し合って決めるのではなく、それぞれが自分の判断で評価し、あとで付け合わせをするのが一般的なやりかたです。

面接で判断されるのは人物ですが、人物評価はかならずしも「してきたこと」や「考え方」だけで判断されるものではありません。言葉遣いや態度、身だしなみなどからも総合的に判断されます。

また、すべての受け答えについて、面接者が厳しくチェックしているのは、答えの内容が筋道立っているかどうかです。
つまり、受験者が質問の主旨を正確に理解し、答えを相手に分かりやすく伝える能力が問われているのです。

面接の基本パターン一例

面接の基本パターン一例

よく聞かれる質問例

No.1 仕事と将来の抱負

  • 看護師を志望する理由・動機
  • どんな医療従事者になりたい?
  • この資格をどうして知ったか
  • 病院では何科に所属したいか
  • 学校卒業後の希望する進路は?

No.2 養成学校・入試

  • この養成学校を志望する理由
  • 併願校の有無と第一志望校は?
  • この学校の第一印象はどうか?
  • やり通していく自信はあるか?
  • 試験の出来具合は・難易度は?

No.3 性格・適性・健康状態

  • 自分のどの点が看護師向きか?
  • 長所と短所は・どんな性格か?
  • 体力・健康面に自信があるか?
  • 大きな病気(ケガ)の経験は?
  • 自己PRを1分間してください

No.4 高校生活

  • どんな高校生活を過ごしたか?
  • クラブ活動で得たものは何か?
  • 得意・不得意学科とその理由
  • 欠席・遅刻の回数とその理由
  • 高校生活で印象に残ることは?

No.5 日常生活・趣味

  • 休日や長期休暇の過ごし方
  • 健康管理で気をつけていること
  • 飲酒・喫煙について思うこと
  • 今一番熱中していることは何?

No.6 交友関係

  • 友人からみた自分の人物像は?
  • どんな親友や友達がいるか
  • 友達とはどのように接するか?

No.7 社会生活・社会問題

  • エチケットとマナーはよいか?
  • ボランティアで学んだことは?
  • 関心を持っている医療問題は?
  • 少子・高齢社会をどう思う?
  • 年金問題についてどう思うか

面接の注意点

●自宅(宿泊場所)から面接会場までの交通機関・経路・所要時間を調べておきましょう。当日の曜日・時間帯に会わせた下見をするのがポイントです。
●志望校に提出した書類のコピーを見て、記入内容と面接時の回答が食い違うことのないようチェックしておきましょう。
●持ち物を確認し早めに就寝。

●早めに起床して心の準備をしましょう。トイレや洗顔・歯磨き・朝食を早めにすませ、服装の点検を鏡の前でしましょう。
●時刻、天気予報、交通情報の確認をしておきましょう。
●当日の新聞(朝刊)にざっと目を通す余裕もほしいものです。
●会場には指定時刻の30分前位に着くように出発しましょう。

●学校に1歩足を踏み入れたときから面接は始まっています。学校の様子をよく観察し、特に掲示物には注意を払いましょう。
●待っているときはお喋りは厳禁。また、席をはなれて歩き回らないこと。
●緊張をほぐしながらも、姿勢はきちんとしていること。身だしなみの最終チェックを。

●名前を呼ばれたら元気に返事をしましょう。ドアをノックして返事があったら入室します。
●ドアの開閉はゆっくりしましょう。入室して1回、席まで行って1回おじぎをします。
●面接者の指示があってから着席します。背筋を伸ばして深くこしかけ、足はそろえて手はももの上におくと姿勢が決まります。

●礼儀正しい態度で、早口にならないように、落ち着いてハッキリ話すことがポイント。
●視線の向け方に気をつけましょう。基本的にはノドのあたりで、話すときには相手の目を見ます。顔と視線は質問した面接官の方へ必ず向けましょう。
●聞かれたことだけに答え、余計なことは言わないように。

●面接が終了したら、イスの左横にきちんと立って一礼し「ありがとうございました」のひとことを言いましょう。
●面接がうまくいかなかったからといって、泣いたりふてくされたりしないように。
●学校にいるかぎりずっと見られています。校門を出るまで最後まで気を抜かないこと。

【合格対策】作文・小論文もチェック!

おすすめ特集

もっとみる

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 受験対策
  3. 面接対策【合格対策第1部】