穂の香看護専門学校

|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 学校一覧
  3. 東海
  4. 愛知県
  5. 穂の香看護専門学校
  6. 在校生・先輩メッセージ

穂の香看護専門学校

(ホノカカンゴセンモンガッコウ)

専門学校愛知県

在校生・先輩メッセージ

看護学科
玉谷荘一郎

看護学科玉谷荘一郎

 スポーツトレーナーになりたいという思いから、大学で柔道整復師の資格を取りました。その後、スキルアップを考えて穂の香看護専門学校を受験しました。私の場合、母が看護師ということもあり、看護師という仕事はとても身近な存在。スキルアップとして看護の道を勧めてくれたのも母でした。
 1年では解剖生理学や病理学といった基礎分野のほかに看護に関する専門分野も学びました。宣誓式のあとには、基礎看護実習として1週間、病院での実習も経験。柔道整復師とは違う難しさを感じ、専門的な知識と経験を身につける必要性を感じました。
 将来は柔道整復師として得た知識を活かしながら、手術後のケアもできる男性看護師として活躍したいと思っています。

看護学科
伊藤惠

看護学科伊藤惠

 新設校で設備が整っていることが穂の香を選んだ理由です。車椅子や演習用のベッドも豊富にあり、順番を待たずに何度も練習ができます。看護の専門学校だけあって図書館の専門書も充実しています。
 また、先生と生徒の距離が近く、先輩とも仲が良いのも穂の香の特徴です。勉強でわからないところはもちろん、悩みなどもすぐに相談しています。社会人入試もあり、さまざまな年代の方とも学ぶことで、幅広い考え方に触れることができるのも良いところですね。
 高校のときは理系の勉強が不得意でしたが、実習や国家試験、そして看護師になって人の命を扱うための知識を得ているのだと思うと苦手な科目にも熱が入ります。ユーモアにあふれ、周りを元気にできる看護師さんになるという目標のため、日々頑張っています。

看護学科
猪塚啓文

看護学科猪塚啓文

 介護の職についていましたが、仕事の幅を広げたいと思い看護学校に通うことにしました。学校での授業のほか、看護に対する興味関心や理解を深める独自のプログラム、トピックス研修が思い出に残っています。私のときは、ホスピタル・クラウン(道化師)として活動している方や、ガンで家族を亡くされた遺族の方のお話をお聞きしました。医療技術によって患者さんを支えるのはもちろんのこと、患者さんご自身の心が豊かになることや、家族に対する配慮も同様に重要であることを学びました。
 片道70kmかけての通学は大変でしたが、がんばって通ってよかったです。4月からはいよいよ看護師として総合病院での仕事が待っています。

助産学科
来本真実

助産学科来本真実

 過去に産科で看護師として働いた経験と、自分自身の出産の経験から、助産師は生命の誕生の場に立ち会える幸せな仕事であると思い、助産師になることを決めました。
 助産師になるには540時間の実習を行い、その中で10人の方の分娩介助を行うことが義務付けられています。学校では分娩介助の実技を身につけるため、授業のあとにみんなで残って練習を重ねたことが思い出に残っています。いざ実習にいくと、経産婦か初産婦か、またその人一人ひとりの状態によって分娩の進行が異なります。赤ちゃんとお母さんの安全が自分にかかっているわけですから、とても緊張しました。
 穂の香は先生方がとても親身。私たちへの関わり方からも愛を感じることができましたし、助産師とはどうあるべきかを先生の姿から学ぶことができました。

穂の香看護専門学校をもっと知るなら!

穂の香看護専門学校パンフレット

パンフレットをもらう

オープンキャンパス

穂の香看護専門学校

未来の自分を見てみよう!
オープンキャンパスでは体験授業や相談会の他、授業で使う教材に触れて入学後の生活を…

在校生・先輩メッセージ

穂の香看護専門学校

看護学科 玉谷荘一郎…
 スポーツトレーナーになりたいという思いから、大学で柔道整復師の資格を取りました…

穂の香看護専門学校をもっと知るなら!