柔道整復師をめざそう!

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 柔道整復師をめざそう!

医療・スポーツなど幅広い分野で活躍できる 柔道整復師をめざそう!

社会に貢献できる仕事として、今、注目されるひとつに「柔道整復師」があります。「ほねつぎ」や「整骨院」として知られていますが、近年はスポーツの治療だけでなく、リハビリや介護支援、スポーツトレーナーなど、幅広い分野で求められるようになってきました。
ここでは柔道整復師について、仕事の内容や活躍分野、資格取得の方法などをご紹介します。

柔道整復師ってどんなことをする人?

柔道整復師ってどんなことをする人?

柔道整復師は、柔道の治療から派生した「柔道整復術」を使って、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの治療やリハビリを行うことができる国家資格です。
人の体が本来持つ治癒力を引き出すため、手術を行わない「非観血的療法」が特徴で、日本独自の施術として世界的にも注目されています。

柔道整復術とは?

日本古来の武術のひとつである“柔術”には、相手を倒す武術としての“殺法(さっぽう)”と、治療の“活法(かっぽう)”があり、この2つからスポーツ競技の「柔道」と、「柔道整復術」が派生しました。柔道以外にも幅広く用いられる柔道整復師の主な施術には、骨折や外れた関節を元に戻す「整復法」、患部を包帯や添え木などで固定する「固定法」、傷ついた部分を回復するための「後療法」の3つがあります。

どんなところで活躍している?

スポーツ人口の増加や高齢化社会の到来で、柔道整復師は活躍の場を広げています。整骨院などの開業のほか、病院でのリハビリのサポートや、プロ野球やJリーグなどのプロチームで専属のスポーツトレーナーやスポーツジムなどの健康関連施設、介護や福祉の分野での機能訓練指導員など、仕事の内容は多種多様です。
このほか、応急措置が必要なスポーツイベントの救護班や、青少年への啓蒙活動としてケガを防止するためのトレーニング指導など、専門性を生かした社会貢献も盛んで、スポーツを通じて国際的に活躍する柔道整復師も増えています。

柔道整復師をめざそう!

柔道整復師をめざそう!

独立開業も可能!

資格を取得すると「接骨院」や「整骨院」として、独立開業もできます。ただし、接骨院や整骨院の施術には保険が適応されるため、開業するためには、患者さんの保険料の受託委任を行うための「施術管理者」の届け出が必要です。
これまでは柔道整復師の免許があれば届けを出すことができましたので、免許取得後にすぐに開業が可能でしたが、平成30年4月の法改正で、1~3年間の実務経験(届出をする時期によって必要年数が変わります)と研修(2日間程度)を受けることが義務付けられました。なので、しっかりと現場での経験を積んだうえで開業、という流れになることを理解しておきましょう。

柔道整復師になるために

柔道整復師は厚生労働大臣により医業類似行為が認められた国家資格で、毎年3月に実施される国家試験の受験が必要です。試験を受けるためには、高校卒業後に国が指定する学校に通う必要があります。
厚生労働省と文部科学省が認可した指定学校があり、厚生労働省が認めた養成施設での3年間以上の修学か、文部科学省指定の4年制大学で必要な専門科目を履修しなければなりません。各学校のHPなどで内容やカリキュラムなどをじっくり調べ、まずは自分に合った学校を探しましょう。

柔道整復師をめざせるオススメの学校!

ともに学び、ともに成長する。手から手へ、”心”を伝えていきます。

東京医療福祉専門学校(東京都中央区)

本校では人に触れて身体から学ぶことを大切にし、基礎から始め、より実践的な実習へと進めていきます。数多くの実習から、座学では学べない多くの技術を体得できます。新しいカリキュラムでは臨床実習をこれまで以上に充実させています。提携先企業協力のもとで実践的な実習を重ね、接骨院や整形外科、スポーツ関連団体で活躍できる力を養います。社会に貢献する柔整師を目指そう!

詳しい情報を見る

パンフレットをもらう

「絶対に国家資格を取りたい」あなたの夢の実現を徹底サポートいたします。

日本健康医療専門学校(東京都台東区)

本校は創立以来、柔道整復師、鍼灸師国家試験において長期間にわたり非常に高い水準にあります。また、Jリーグやプロ野球、芸能関係などのプロトレーナーを多数輩出しているスポーツトレーナー養成コースの学びにより、米国NSCA-CPT(認定パーソナルトレーナー)の資格を取得することができます。また本校には10の運動部があり、好きなスポーツを続けながら国家資格の取得を目指すことができます。

詳しい情報を見る

パンフレットをもらう

全員卒業、全員受験、全員合格をスローガンに、教職員一同全力で学生をサポートします。

長野救命医療専門学校(長野県東御市)

本校は多様な分野で活躍できる実践教育なども授業カリキュラムに取り入れ、教職員一同が全力でサポートをしています。1、2年次から国家試験に向けた授業が構成され、3年間で解く問題数は数千問。常に国家試験を意識できるよう工夫されています。平成30年4月からの柔道整復師養成施設の教育課程(カリキュラム)大改編にも対応しています。

詳しい情報を見る

パンフレットをもらう

日本初!柔整とカイロプラティックを同時に学べる専門学校!

日本医療ビジネス大学校(東京都豊島区)

本校では柔道整復師とも多くのケースで関連付けることのできる「カイロプラクティック」が同時に学べます。カイロの手技・知識を身に付けることによって、「一歩先のスキルを身に付けた柔道整復師」を目指すことができます。
カイロ分野でのパイオニアである村上学園の地の利を活かした就職や開業準備に対するアドバイスなど、学生への幅広いサポートも可能になっています。

詳しい情報を見る

パンフレットをもらう