東武医学技術専門学校。

看護・医療・福祉の特集。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 特集
  3. 東武医学技術専門学校

icon_01特集

【東武医学技術専門学校】「検査」で命を救う仕事があります。医療に興味がある皆さん、「臨床検査技師」をめざしませんか?

臨床検査技師って?

病気の診断・治療・早期発見や予防のための検査を行います。

臨床検査技師は、病院などの医療機関において病気の診断・治療・予防・早期発見に必要な検査を行います。医師は臨床検査技師が行った検査データをもとに、病気の診断や治療方針の決定をします。
つまり、病気の早期発見・予防に貢献するほか、治療への第一歩を踏み出すきっかけをつくり、医師と患者さんをつなぐ重要な役割を担っている、医療現場には欠かせない仕事です。

たとえばこんな仕事!

伝統に裏付けされたコンパクトなカリキュラム構成
検体検査

患者さんの血液や髄液、身体をつくっている組織、あるいは尿や便などを用いて行う検査です。検査するために患者さんから採取したこれらのものを「検体」といいます。この検体の成分を分析し、身体の状態を調べます。また、採血をはじめとした検体採取も臨床検査技師の重要な仕事の1つです。

検体検査
生理学的検査

直接患者さんの身体に触れ、医療機器を使用して行う検査です。患者さんの緊張を和らげるために、目線を合わせたり優しく話しかけたり、それぞれの患者さんに合わせた対応が求められます。主なものとして、心臓の機能には心電図検査、神経系疾患には脳波検査や筋電図検査、呼吸器疾患には肺機能検査、体内の検査には超音波検査などの画像検査があります。

臨床検査技師を目指す確かな道が、ここにはあります。

入学者の約20%が社会人や大学生。1人ひとりの夢の実現をめざします。

臨床検査技師を目指す確かな道が、ここにあります。

例年若干の変動はありますが、在校生の20%程度が高校既卒者や社会人経験のある学生です。年齢は20代から30代半ばくらいまでと幅広く、「検査センターでアルバイトをしていて興味を持った」、「大学を卒業したけど手に職をつけたい」など入学動機はさまざまです。
最初は「クラスの中に溶け込めるか不安…」という方も少なくないと思いますが、東武医学では、実習や学校行事などにおいて学生同士で協力して取り組む機会が多いため、年齢・学年問わず仲の良い姿をよく見かけます。
また、40名ずつのクラス制で臨床検査技師の常勤講師が担任として学生を指導しています。定期的に個人面談を行うなど「相談しやすい環境づくり」にも力を入れているので、困ったことがあればいつでも相談できます。また、国家資格取得・即戦力を目指したカリキュラムも東武医学の特長です。

ポイント1 基礎科目からスタート+豊富な実習時間!

1年生では化学・生物などの理系基礎科目から病理学・血液学などの医療系基礎科目まで学びます。2年生では学内実習を中心に、3年生では約4ヵ月間の臨地実習を通して患者様対応など多くのことを学びます。3年間で1,250時間もの実習を行い、即戦力として活躍できるよう、高度な医学知識と確かな検査技能を身につけます!

ポイント2 万全の国家試験対策で高い合格率!

第65回臨床検査技師国家試験 合格率:東武医学93.9%/全国平均86.5%(2019年・新卒)
本校では2年生終了までに国家試験の出題範囲を網羅し、その後各分野でまとめの授業を実施。また、国家試験過去5年分の問題を分析し出題傾向をつかみます。そして国家試験の全国模試を受け、常に自分の力を把握。授業前には過去問100問小テスト、放課後には習熟度別の補習や個別指導を行い、着々と力を伸ばします。このような充実した国家試験対策により全員合格を目指します!

ポイント3 全体にも、個別にも丁寧な就職サポート

本校のキャリア教育は内定を獲得するだけでなく、就職後のキャリアプランを形成するために1年生の時から段階的な指導を行っています。1年生では病院見学や現職の臨床検査技師である卒業生による講話を通し、仕事理解を深めます。2年生では自分自身の将来の方向性を決めるために、就職に関する情報収集・SPI試験対策・マナー講習などのキャリアガイダンスを実施。3年生では全体を対象としたキャリアガイダンスに加え、履歴書などの添削・個別面接指導で学生一人ひとりをサポート。内定獲得はもちろんのこと、将来医療現場で活躍できる臨床検査技師になることを目指します。

東武医学技術専門学校

東武医学技術専門学校

〒339-0031 埼玉県さいたま市岩槻区飯塚50番地/0120-420-889

  • 東武医学技術専門学校
  • 東武医学技術専門学校