特集

社会人のための夜間大学院 保健医療学研究科スタート!(平成25年4月開設)

大阪保健医療大学

「生活機能支援」を実践現場を通じて考える大学院

大学院の目的

医学的、科学的視点から根拠をもって健常者、障がい者を問わず「生活機能」を支援する術を医学・保健学・健康科学など様々な視点から教育研究し、身体活動、認知・コミュニケーション活動、そして健康に生活していくための体力維持増進、介護予防、疾病予防、感染予防等、それぞれの専門領域で「生活機能」を多角的に洞察することができる、高度な知識と技能を有した理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、保健師、臨床検査技師の育成を目的としています。

大学院の特色

社会人のための夜間開講制

本大学院は社会人が働きながら就学できるように配慮した夜間開講制です。これに加え、通常の夜間開講時間に受講できない学生には、土曜日(9:00〜17:50)、夏季休暇(9:00〜17:50)に5コマ集中講義を開講することにより、社会人の就学環境に柔軟に対応します。

専門的技能習得のための包括的・多角的理解を促す「教育課程」

身体障害支援、認知・コミュニケーション障害支援、健康生活支援の専門的な基礎知識を包括的に学ぶことで、多角的、総合的に生活機能支援を理解し、さらに学生の職域と学生が対象とする者に則した専門領域を深く学ぶことで、高度専門職者として現場や社会にその知識や技能を還元できる人材を養成できる教育課程を設定しています。

臨床・臨地との結びつきを強化した
「特論演習」

運動力学の視点から実践的に学修する必要のある演習では「彩都スポーツ医科学研究所」を、脳神経疾患に起因する身体障がい者の臨床的演習では、医療現場を演習場所として利用し、臨床・臨地実践との結びつきが強くなるような学習課題を設定しています。

大学院教育を社会へ還元するための臨床・臨地直結「特別研究」

学生の基盤となる領域で、高度な専門知識や技能をいかに社会に還元していくかを細かく指導し、現職として臨床・臨地活動を続けながら学生の専門領域の科学性を高めることで、現場や社会への還元に直結させる教育を実践します。これを実現するため、「特別研究」では、学生の志向性によって、実験等により導き出された結果から、現場に還元できる普遍的な結論を導き出そうとする「修士論文」と、臨床・臨地の実践経験で得られた結果を、先行知見等を参考にしながら現場に還元できる科学的根拠を導き出そうとする「課題研究」を選択し、「課題研究」は」、所属施設承諾の上で、学生の所属する施設で実施することを原則としています。

社会人のための言語聴覚専攻科

社会人のための言語聴覚専攻科

夜間大学院のほか、4年制大学を卒業した方を対象とした言語聴覚専攻科があります。医療、福祉、教育の現場で対象者と真摯に向き合う言語聴覚士を養成します。
1年次からの豊富な実習や、演習・実技テストなどで技術がしっかり身につくように、くり返し指導。さらには個別の相談や卒業生のための研修講座など、充実した卒後教育で就職後もバックアップ。 教員が就職先に出向いて指導するのは、他の大学にはない本学ならではの特色です。

国家試験合格実績と就職実績

全員合格をめざし実践しています 就職力が自慢です
大阪保健医療大学

大阪保健医療大学

大阪府大阪市北区天満1-9-27
0120-581-834(フリーダイヤル)

  • 大阪保健医療大学
  • 大阪保健医療大学

受験対策

大学専門学校入試倍率
大学専門学校入試倍率
国家試験学校別合格率一覧
国家試験学校別合格率一覧
医療入試合格ナビ
小論文テーマ・面接質問内容
難問!?奇問!?看護入試攻略法
難問!?奇問!?看護入試攻略法
面接対策
面接対策
作文・小論文対策
作文・小論文対策

もっとみる

看護・医療模試

看護・医療系模試に挑戦しよう!

2011年入試対応 看護・医療系模試

看護・医療系模試のスケジュールとお申し込みはコチラから!

2011年度入試対応 看護・医療系模試

看護・医療系大学・短大・専門学校模試、過去問を解いてみよう!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 特集
  3. 大阪保健医療大学