中部リハビリテーション専門学校

|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 学校一覧
  3. 東海
  4. 愛知県
  5. 中部リハビリテーション専門学校
  6. 在校生・先輩メッセージ

中部リハビリテーション専門学校

(チュウブリハビリテーションセンモンガッコウ)

専門学校愛知県

在校生・先輩メッセージ

夜間部2年生
山田竜也さん

夜間部2年生山田竜也さん

中学生のときにケガをしてしまい、そのときにお世話になった理学療法士の方に憧れたのが、理学療法士を目指した理由です。中リハを選んだのは、夜間部があったからです。自分で学費を負担しながら勉強するのは大変なこともありますが、同じ系列の病院で働いているので、通学はあまり苦になりません。病院には先輩も働いていて、色々なアドバイスを受けることもできます。また、夜間部は授業が一日2コマなので、復習する時間も確保できるという強みがあります。思っていたよりも同年の学生が多く、年上の人も含めて仲良くやれています。初志貫徹、理学療法士を目指して頑張ります。

夜間部2期生(平成9年卒業 愛知医科大学病院)
飯田博巳さん

夜間部2期生(平成9年卒業 愛知医科大学病院)飯田博巳さん

理学療法士はチーム医療を支えるスペシャリストとして、医師や患者さまをはじめ、様々な人と関わることができる仕事です。私は大学卒業後、働きながら中部リハの夜間部に通いましたが、学校の勉強に加えて、日中の職場で仕事の厳しさやコミュニケーションスキルなどを学ぶこともでき、それが現在でも大いに役立っています。現在担当しているのは、スポーツで肩や肘の関節に問題を持った方や、呼吸が困難な方のリハビリです。年齢も子供から高齢者まで広範囲にわたるため、それぞれのコミュニケーションの取り方に配慮し、明るく、親切、丁寧そして謙虚をモットーに仕事に取り組んでいます。これからもっとレベルアップしていきたいと思います。

昼間部23期生(平成19年卒業 医療法人 白山会 白山リハビリテーション病院)
中谷努さん

昼間部23期生(平成19年卒業 医療法人 白山会 白山リハビリテーション病院)中谷努さん

「障害をもった方が再び自宅に戻るためのサポートがしたい」という想いで理学療法士を目指し、中部リハに入学しました。働き始めて思うことは、対象者や疾患により実に様々な障害像があるということです。その様々な障害像と向き合うためには、生活背景を把握することはもちろんですが、やはり専門家として疾患を理解し実践に繋げることが重要だと思います。その意味でも学校で行なった「実習」の意義は大きいです。中部リハには歴史があるため実習施設が充実して、実習先の現場に必ず卒業生がいたということで緊張の中にも少し安心感が生まれ、それが助けになりました。実習で様々な施設・疾患を経験したことは今の現場でも確実に活きています。

中部リハビリテーション専門学校をもっと知るなら!

中部リハビリテーション専門学校パンフレット

パンフレットをもらう

オープンキャンパス

中部リハビリテーション専門学校

あなたの「本気」に、「真剣」に応えます!
中部リハビリテーション専門学校ってどんなところ? 学校の雰囲気ってどんな感じな…

在校生・先輩メッセージ

中部リハビリテーション専門学校

夜間部2年生 山田竜也さん…
中学生のときにケガをしてしまい、そのときにお世話になった理学療法士の方に憧れたの…

中部リハビリテーション専門学校をもっと知るなら!