同志社女子大学

|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 学校一覧
  3. 近畿
  4. 京都府
  5. 同志社女子大学
  6. 学部・学科・コース

同志社女子大学

(ドウシシャジョシダイガク)

大学京都府

学部・学科・コース

学芸学部

音楽学科、メディア創造学科(2018年度より情報メディア学科から学科名称変更)、国際教養学科を擁する本学部は、各分野の専門知識・技術を学ぶことにより、新しい文化を創造・発信し、表現できる力を養成。座学だけにとどまらない多様な学習機会を設け、実社会における実践力と豊かな感性を兼ね備えた人材を育成します。

音楽学科
音楽学科

音楽学科には演奏専攻と音楽文化専攻を設置しています。「演奏専攻」には声楽、鍵盤楽器、管弦打楽器の3コースがあります。「音楽文化専攻」は、4つの分野「ミュージックスタディーズ」「ミュージックセラピー」「ミュージックエデュケーション」「サウンドデザイン」に科目群を設定します。いずれの専攻においても共通の基礎科目をもとに幅広い学問領域を学び、人間性豊かな音楽の専門家を育てます。

メディア創造学科(2018年度より情報メディア学科から学科名称変更)
メディア創造学科(2018年度より情報メディア学科から学科名称変更)

「アートとデザイン」「マスメディアとカルチャー」「エンターテインメントとビジネス」「メディアとテクノロジー」の4つの分野を自由に組み合わせて学び、メディア分野全般の基礎能力と、社会で幅広く活躍するための実践的な創造力と表現力を身につけます。

国際教養学科
国際教養学科

国際感覚を磨くため、全員が英語圏の大学へ1年間留学。「語学力」だけでなく、国際社会の諸問題を英語で考え、発信する「総合能力」を磨きます。リベラル・アーツを重視したカリキュラムで、国際舞台での活躍をめざした幅広い教養を身につけます。留学後のTOEIC(R)学科平均点は793.86点を記録。「日本で自分の課題を発見する」「1年間の留学でその課題を追求」「留学後、卒業論文として完成させる」という3つのステップで段階的に各自の研究を深めていきます。

現代社会学部

国際化、情報化、少子化、高齢化などが進むなか、現代社会のさまざまな課題を解き明かし、その改善・解決策を探ります。多彩な学問ジャンルを幅広く、専門領域を深く学んでいきます。

社会システム学科
社会システム学科

「多文化共生」「京都学・観光学」「ライフデザイン」「ビジネスマネジメント」「公共政策と法」の5コースを設置。現代女性の生き方を社会学、法学、国際関係学、教育学、心理学、経営学、観光学などの学問を通して得た複合的な視点から、社会的課題に取り組み専門性を深めます。

現代こども学科
現代こども学科

「こどもとは何か」を実践的に幅広く理解したうえで、こどもをどのように育み、ケアしていくのかをデザイン。さらに、こどもの視点を重視した社会的諸問題の解決方法を、地域や社会に発信し、新しい時代を担う女性となることを目標にしています。
小学校教諭一種免許・幼稚園教諭一種免許に加え、保育士資格の取得が可能。2018年度公立小学校教員採用試験では、受験者29名中21名が二次試験に現役合格しました(合格率72.4%)。こどもとかかわり、こどもを理解し、新しい社会を創造していく資質を養います。

薬学部

キリスト教主義、国際主義、リベラル・アーツという教育理念に基づく「医療人としての薬剤師の養成」が教育目標です。医療や創薬、医療行政などの幅広い分野で活躍できる実践力、さらに高度な倫理観と豊かな人間性、国際的視点、幅広い教養も持ち合わせた薬剤師・研究者を養成します。

医療薬学科
医療薬学科

基礎薬学分野と医療薬学分野の科目をバランスよく履修する一方、整備された模擬薬局や模擬病室での実習など実践的な授業も重視。薬学に関する英語能力の向上や海外研修などを通じて国際性豊かな医療人を育成します。薬剤師国家試験対策やアドバイザー制度など、学生へのサポートも万全です。
第102回薬剤師国家試験合格率では新卒および既卒の160名が受験し、122名が合格(合格率76.25%)。私立大学平均70.64%を上回る結果となりました。

看護学部

3つの教育理念、「キリスト教主義」(他者への思いやりや人に寄り添う気持ち)、「国際主義」(異文化への理解や多様性を受け入れる姿勢)、「リベラル・アーツ」(知性と教養、それに裏打ちされた冷静な判断力)を礎に、看護学に関する専門的な知識・技術に加えて、円満な人格と幅広い教養、高い倫理観、人間や環境への深い洞察力を養い、ヒューマンケアに基づく看護実践能力を備えた女性の育成をめざします。

看護学科
看護学科

「キリスト教主義」「国際主義」「リベラル・アーツ」の3つの教育理念を礎にした教育を通して、看護の専門的知識・技術を備え、さまざまな看護の現場に対応することのできる女性を育成します。また、看護支援方法の研究開発や看護実践の質向上に寄与する研究者や教育者をめざし、大学院へ進学する人材の養成も視野に入れた教育を行います。

表象文化学部

英語英文学科、日本語日本文学科を擁する本学部では、英米・日本の言語、文化、文学などの知識、さらにコミュニケーション能力アップのための見識と技術を重視する教育を実践。多文化共生社会における諸問題に柔軟に対応し、多分野で活躍できる人材を育成します。

英語英文学科
英語英文学科

英語圏の文学・文化・言語・コミュニケーションという4つの専門分野を「表象」というキーワードを用いて、広く、深く学びます。国際社会で必要な優れた英語運用能力と高度なコミュニケーション能力の向上をめざし、国際社会で活躍できる力を育てます。TOEIC(R)やTOEFL(R)の演習科目も充実しており、団体受験を通して、英語運用能力の伸びを確認できます。キャリアデザイン科目では多彩なスキル科目が受講でき、トータルで「英語のプロ」をめざします。

日本語日本文学科
日本語日本文学科

2019年度よりカリキュラムを改正。現行の4分野に「日本文化」分野を新たに加え、「日本語学」「近現代文学」「古典文学」「日本語教育」「日本文化」の5分野として展開します。文学や語学研究に加え、京都で発展し、継承されてきた日本文化についても十分学べる教育内容とします。

生活科学部

社会・人文科学的手法による研究・教育を主とする人間生活学科と、自然科学的手法での教育研究をすすめる食物栄養科学科を擁します。2学科での学びを通し、あらゆる生活場面とその背景を科学的に分析・探究し、各専門分野に立って社会貢献できる人材育成を目標としています。

人間生活学科
人間生活学科

「くらし」「こころ」「まちづくり」にかかわる多彩な分野の学びを究め「真に豊かな生活」を探求します。衣・食・住に加え、経済、児童、倫理、心理、福祉、まちづくりなどを柱にくらしにアプローチします。自由度の高いカリキュラムときめ細かな少人数教育で、学生の関心を導きます。

食物栄養科学科
食物栄養科学科

「食物科学専攻」では食品、調理、栄養に関する幅広い知識を修得。実験・実習を通して、科学的な視点とプレゼンテーションに不可欠な理論的思考力を養います。「管理栄養士専攻」では臨床栄養学を中心に幅広い分野での活躍を見据えた実験・実習を行っています。国家試験合格に向けても徹底的に指導します。
第31回管理栄養士国家試験では、2017年3月に管理栄養士専攻を卒業した92名が受験、89名が合格。また、2013年~2015年実施の国家試験では3年連続100%を達成しています。(受験者数:249名 合格者数:249名)

同志社女子大学をもっと知るなら!

同志社女子大学パンフレット

パンフレットをもらう

学部・学科・コース

同志社女子大学

同志社女子大学の学部学科コース
音楽学科には演奏専攻と音楽文化専攻を設置しています。「演奏専攻」には声楽、鍵盤楽…

同志社女子大学をもっと知るなら!