藤田保健衛生大学

|看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報なら[看護医療進学ネット]

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 学校一覧
  3. 東海
  4. 愛知県
  5. 藤田保健衛生大学
  6. 学部・学科・コース

藤田保健衛生大学

(フジタホケンエイセイダイガク)

大学愛知県

学部・学科・コース

医学部

本学科は創立50周年を節目に大きな変革を進めており、医学教育改革の三本柱として「リサーチマインドの涵養」「グローバル化」「医療、介護、最先端医療、地域医療を担う新医療人」を基軸にカリキュラム改革と医学教育の刷新に取り組んでいます。世界医学教育連盟(WFME=World Federation for Medical Education)の国際基準に準拠した日本版評価基準である日本医学教育評価機構(JACME)の審査を受審しました。また、英語でのコミュニケーション能力の向上を目的にTOEFLを進級要件に導入、海外実習プログラムにおいてはMOU締結校を19校に増やすなど力を入れており、国内だけでなく、世界で活躍できる準備を進めています。病院実習では、1年次の早期臨床体験で病棟の看護師について夜勤を体験し、4年次後半からは診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)を72週おこないます。医学生が医療チームの一員として患者さんの診療に従事しながら学ぶ参加型実習をおこない、医療スタッフとしての自覚を養います。藤田保健衛生大学医学部は、色々な取り組みを通じて「良き臨床医」を育てていきます。

医学科
医学科

【すべては次の時代の医療を担う優秀な人材を育成するために】
藤田保健衛生大学医学部では「臨床面・研究面ともに優れた人材の育成」に取り組んでいます。
6年間で、医学の専門的知識・技術の修得とともに、医師として求められる態度や人間性の育成をめざしていきます。

 

1. 医療人として必要な教養・態度・考え方
2. 人体の基本的な成り立ちとしくみ
3. 医学・医療の科学的解析方法と社会医学的なとらえ方
4. 病気の病態・診断・治療
5. 医学・医療の知識の統合化と地域の病院・海外での実習

など充実したカリキュラムを組んでいます。

講義棟の生涯教育研修センター1号館には、全国に先駆けて設置したスキルスラボがあり、シミュレーション機器による実技訓練をおこなうことができます。また5・6年次がそれぞれ利用できる専用の「グループ学習室」も設置。各自の学習意欲が向上し、それによって医師国家試験の合格率が上昇するなど、すでに効果が数字にあらわれています。さらに学生一人ひとりに対して担当の指導教員を配し、学生生活の悩みや相談にきめ細かく対応する「指導教員制度」のほか、5・6年次に関しては、卒後の初期研修2年および後期研修1年も引き続き担当教授がサポートする「里親制度」も新たに導入。学生を卒後もフォローする制度を導入しており、次代の医療を担う優秀な人材を育成するために、最大限努力します。

医療科学部

藤田学園の中でもっとも長い歴史を持つ医療科学部。6学科2専攻で構成され、医療現場において各専門業務を担う高い知識や技術を有した医療人の育成を目的としています。伝統と実績に裏打ちされた独自のカリキュラム、先進医療から終末期医療、在宅医療までをカバーする3つの教育病院での実習をはじめとした優れた環境、教員陣による手厚いサポートなど、他大学とは一線を画した教育体制は本学部の大きな特長です。さらに、知識や技術のみならず豊かな人間性を有した「良き医療人」の育成にも取り組んでいます。学生生活を通じて、一個人としての成長を遂げられるよう、サポートしています。卒業後の教育環境も充実しており、6学科すべてに大学院を設置。臨床経験を生かした研究を通じて専門性を高められるよう、社会人入学者も積極的に受け入れています。医療職は、年々高度化し細分化しています。それぞれの関心を徹底して追究し、めざすべき道を明確にすることが大切です。そのような高い意欲に応えられるだけの環境はすべて整っています。

新設された生涯教育研修センター2号館
臨床検査学科、看護学科、放射線学科の教室や演習室に加え、これからの大学教育に求められる施設である「SGL」(スモール・グループ・ラーニング)のフレキシブルな教室や、「ラーニング・コモンズ」(学生間のグループ学習等がおこないやすい施設)や、AV・ICT対応の高機能化が図られた教室が配置されます。

臨床検査学科
臨床検査学科

【医療機関における臨床検査技師はもちろん、医療系企業や大学での研究・教育など多方面で活躍できる人材を育成します】

本学科は臨床検査技師を養成する4年制大学として日本で2番目に設立されました。大学として過去50年あまりにわたり5,000余名の卒業生を社会に送り出しています。教授陣の熱心な指導のもと、国家試験対策はもちろん、充実した卒業研究も魅力です。卒業研究では最先端設備と機器を使い、本学科以外にも医学部や総合医科学研究所において医療科学領域に必要な研究的手段や技術を学ぶことができます。
さらに医療系総合大学としての利点を生かし、医学部との合同講義や全学部学科間でのアセンブリ活動など学部間の垣根を越えた教育により、チーム医療の基盤となる協調性や連帯意識を育みます。

看護学科
看護学科

【教育病院との強固な連携で実践能力の高い看護職を育成します】

日本で4番目に大学看護教育を始めた本学科。近年、看護系大学・学部が次々と新設される中、長い歴史と実績があることは本学の強みです。教育環境についても、隣接する大学病院での実習など高度な医療の現場を体験することができます。また、2013年に設立された本学の「地域包括ケア中核センター」での実習では、訪問看護をおこなう本学の教員に同行して在宅ケアを学べることも特長の一つです。さらに、大学病院で働く看護師や医師が講義や演習で指導するなど、臨床現場の生きた知識や技術も修得できます。医療系総合大学の強みを生かし、保健・医療・福祉チームの一員として社会的責任感を持って臨床の現場に出られるよう実践能力を高める教育に取り組んでいます。

放射線学科
放射線学科

【充実の教育環境で真の診療放射線技師を育成します】

高度化する医療技術の中でも、急速に発展した放射線医療分野。日々進化を遂げる技術や機器に対応できる放射線技術者が求められています。本学科は、教員陣による熱心な指導に加え、最新機器を備えた大学病院での臨床実習を通じて高度な知識と技術を習得できます。また、徹底した基礎教育をおこなうことで、変化の激しい放射線技術に対応できる力を養います。その他にも多くの実習機関で学ぶことにより、臨床の現場で生きる実践力を磨きます。充実した教育環境が学生自身のモチベーションや意識を自然と高め、本学科における診療放射線技師国家試験の圧倒的な合格率につながっています。30年の歴史と伝統を有する本学科が輩出した卒業生は1,000名以上。その多くが全国の医療施設における要の存在として活躍しています。

リハビリテーション学科
リハビリテーション学科

【次の時代のリーダーとして活躍する療法士の育成をめざします】

2040年以降、日本はますます少子高齢化社会を迎えると言われています。本学科では、社会のニーズに応えるべく、優れた理学療法士・作業療法士の養成をめざしています。最大の特長は、臨床実習時間の多さです。厚生労働省指定規則を上回る、1,590時間を確保。その2/3近くを本学の3つの教育病院で実施し、量・質ともに全国トップクラスの指導体制を築いています。また、「療法士版客観的臨床能力試験(OSCE:オスキー)」を就職先の施設にも導入。卒業後も継続的に臨床能力を向上させることが可能です。国家試験対策として学生全員を少人数のグループに分け、グループごとに専任の教員が指導するサポート体制をとっているため、毎年高い合格率を維持しています。また臨床以外には、研究にも積極的に取り組んでいます。

臨床工学科
臨床工学科

【世界最新の医療施設を駆使し「次代の臨床工学技士」を育成】

東海地方の臨床工学技士養成の大学として最も長い歴史を持つ本学科は、医療現場で役立つ専門知識と技術を兼ね備え、時代のニーズに即した知識や技術を吸収・応用でき、研究や開発に携わることができる臨床工学技士の育成をめざしています。学習環境は非常に充実しており、本学に併設している大学病院は日本でも有数の設備を誇ります。最新手術支援ロボット「ダヴィンチ」の手術見学が実習に含まれるなど、実習を通じてより高い実践能力を身につけることができます。臨床工学技士は、現代医療に不可欠な医療機器を的確に操作し、保守管理をおこなうスペシャリストです。卒業後は、臨床工学技士としてはもちろん、先端的な医療機器開発に携わる技術者など、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

医療経営情報学科
医療経営情報学科

【医療機関の運営に欠かせない病院マネジメントのプロを育成】

医療機関運営に必要なさまざまな管理業務に精通し、組織運営のためのマネジメント能力を有した人材を育てることが本学科の教育目標です。「医学・医療」「経営・管理」「医療情報システム」の幅広い知識を持った医療事務職の養成が教育の柱です。カルテ管理をおこなうためには、医学の基礎的な知識が欠かせず、将来的に医療機関の経営方針や経営戦略を立てるためには、さまざまな指標の算出や分析方法を身につける必要があります。病院情報システムや地域医療連携システムの構築、電子カルテの開発といった先進的な医療事務分野で活躍するためには、情報通信技術の知識や電子カルテシステムの仕組みを理解することが求められます。「診療情報管理士」「医療情報技師」をはじめ、4年間を通じてさまざまな資格を取得できることも本学科の強みです。少人数制教育と、併設の大学病院の利点を生かし確実なレベルアップを図ります。

藤田保健衛生大学をもっと知るなら!

藤田保健衛生大学パンフレット

パンフレットをもらう

学部・学科・コース

藤田保健衛生大学

藤田保健衛生大学の学部学科コース
【すべては次の時代の医療を担う優秀な人材を育成するために】 藤田保健衛生大学医…

オープンキャンパス

藤田保健衛生大学

2017年度イベント情報は随時更新予定!
藤田保健衛生大学では今年も多くのイベントをおこないます。 興味のあるイベントに…

藤田保健衛生大学をもっと知るなら!