資格・職業・国家試験一覧

福祉サービスを活用して社会的自立支援を行う

社会福祉士

社会福祉士のおもな仕事は、ひとりぐらしのお年寄りや身体の不自由な人たちなど、社会生活上なんらかの障がいをもっている人たちや家族の相談にのり、社会福祉の制度やさまざまなケア、福祉サービスを活用して社会的に自立するための助言、指導、その他の援助を行うことです。
具体的には、生活保護に関する調査や、知的障がい者、身体障がい者等に対する職場適応訓練などの社会復帰援助や、母子・老人・児童福祉、介護保険、成年後見制度に関する業務です。

どんな仕事?

社会福祉士は多様化・高度化する福祉のニーズに対応し、1988年に制度化された国家資格です。
日常生活をいとなむのに支障のある人たちの相談に応じ、助言・指導、その他の援助を行い、豊かな福祉社会づくりの幅広い担い手として期待されています。

社会福祉士は資格の名称で、実際の職種領域の名称ではありません。
有資格者は、行政の相談機関の相談院、社会福祉施設の相談員などの仕事を行っており、ソーシャルワーカーと総称されることもあります。
仕事の性質上、状況に応じて身体障害者福祉司、老人福祉指導主事、児童福祉士など、他の福祉系有資格者たちとも協力して福祉活動をすすめていく場合もあります。

社会福祉的援助を必要とする人たちからの相談内容は、実にさまざまです。
そのため、社会福祉士は福祉に関する幅広い知識だけでなく、仕事を積み重ねることで得られる経験がなによりも大切になるでしょう。

適性

困っている人の相談を受け、援助を行う仕事とひとことでいっても、内容は分野によりさまざまです。
地方行政の現場などでは、福祉の観点から判断して、相談者の意に沿わない決断をしなくてはならない場合もあります。
優しさや思いやりだけでなく、決断力と強い意志をも求められるのが、社会福祉士の有資格者です。
困っている人への共感能力と、適切な判断力を同時に発揮できる柔軟性も必要です。

ページトップへ

資格の取り方

社会福祉士になるには

社会福祉士の資格をとるには、社会福祉士国家試験の受験資格を得て、試験に合格する必要があります。
国家試験を受験するためには、指定された科目をすべて履修して卒業しなければなりません。

これらのなかで高校卒業後もっとも早く受験資格が得られるのは、"指定科目"を履修できる福祉系大学等で4年間学ぶことです。
また同様に、福祉系短大等の場合には、修業年限が3年制なら1年、2年制なら2年の相談援助業務の実務経験を経て受験資格を得ることが可能です。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

児童相談所、養護施設、知的障がい児施設、福祉事務所、社会福祉協議会、知的障がい者更生施設などが挙げられます。
主な職域が対人援助サービスとなるため相手の気持ちを思いやり、適切な助言・指導を行うことが重要です。

2007年の「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、2009年4月から資質向上を目的とした、新しい養成カリキュラムがスタートしています。
現在医療の現場では、優れた知識と経験をもつソーシャルワーカーの存在が不可欠です。
福祉の世界では子育ての悩みや老人介護に関する悩みなど、社会情勢の影響を受けたさまざまな問題がおこっています。
相談を受けてから対応するまで、一刻を争う事例も増えており、適切な判断ができる社会福祉士の有資格者が待ち望まれています。
地方行政などで活躍する場合は採用枠に限りがありますが、有資格者へのニーズは高まっています。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 福祉系国家資格一覧
  4. 社会福祉士