資格・職業・国家試験一覧

医薬品の調剤、管理、研究を行う薬のスペシャリスト

薬剤師になるには

薬剤師

薬剤師は病院や薬局での薬の調剤、街の薬局での薬の販売、あるいは製薬会社での薬効の研究・開発、薬事行政などに携わります。
最近では薬学・化学の知識を活かして、食品製造会社などで成分の分析調査などを行っている者もいます。

どんな仕事?

薬剤師は製薬会社がつくられるところから、私たちの手に届けられるまでのすべてに関わっています。
まず製薬会社で新しい薬の開発のための研究や実験をしている薬剤師がいます。
また、その販売にあたっては、薬の効果や使用法を全国の医師や薬局に知らせる役目をはたしているプロパーと呼ばれる薬剤師がいます。
そして病院や薬局の薬剤師がいて、医師の書いた処方せんにもとづいて薬を調剤して、安全上必要な情報を伝えたり、飲み方の指導をして患者にわたします。
さらに、保健所にも薬剤師がいて地域の環境衛生の指導にあたっていますし、各地の水道局にも水質検査などを担当している薬剤師がいます。
薬品のプロとして薬剤師は、さまざまな分野で必要とされているのです。

最近では活躍の場は店舗だけにとどまらず、在宅ケアを行っている家を訪れ、患者の生活環境に応じた服薬指導を行うなど、地域医療の新たな試みにも取り組んでいます。
ほかにも、入院患者や在宅患者に対して服薬指導を行うなど、業務は多様化しています。

ページトップへ

資格の取り方

薬剤師

薬剤師試験(国家試験)に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。
国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 学校教育法に基づく大学において、薬学の正規の課題を修めて卒業した者。
  • 外国の薬学校を卒業し、または外国で薬剤師免許を得た者であって、厚生労働大臣が認定した者。

修業年限

大学の修業年限は6年です。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

薬局などをみずから経営している薬剤師は全体の1割強、9割弱は雇用されて働いています。
うち、病院や診療所で働いている人が3割、製薬会社などで働いている人が3割、薬局で働いている人が3割、保健所や水道局などで働いている人が1割となっています。

主な職場としては薬局、病院、診療所をはじめ、製薬会社で研究スタッフやMR(医薬情報担当者)として活躍しています。
このほか、化粧品会社、食品メーカーなどもあり、活躍の場は広がってきています。
薬局の雇用形態は正社員、契約社員、パートなど。
薬局を開業する人も多くいます。
また、登録販売者の資格も新たにできたことで、薬剤師の負担も軽くなることが見込まれます。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 薬剤師