資格・職業・国家試験一覧

病気の治療や予防を行う医療のスペシャリスト

医師になるには

医師

医師は患者の治療や病気の予防、健康診断、検診などを行い、専門によって整形外科、小児科、脳外科、消化器科、精神科、婦人科、皮ふ科などに分類されます。
地域の開業医たちが患者のデータをパソコンで共有して、連携して医療にあたるという新しいスタイルも生まれてきています。
医師はチーム医療のリーダー的存在であり、同時に患者の生命に対して最大の責任を負っています。

どんな仕事?

医師は臨床医と、基礎医学者と区別され、その多くは臨床医です。
臨床医とは患者の治療や病気の予防、健康診断、検診などを行います。
医療技術や薬品の進歩もめざましく、医療分野もより専門家している反面、総合的な力も求められる仕事です。

また、医師は自分で医院を開業するか、病院や診療所に勤めるか、働き方は大きくふたつに分かれます。
医師という職業は、肉体的にも精神的にも非常に負担の大きい仕事ですが、その充実感も大きいでしょう。
確かな技術をもち、新しい知識を吸収しようという学習意欲を忘れず、患者と誠実はコミュニケーションをはかる医師は、時代状況の変化などに関係なく、つねに求められています。

ページトップへ

資格の取り方

医師

医師になるには、まず医師試験(国家試験)に合格する必要があります。
医師免許を取得し、さらに2年間研修医として臨床経験を積むことで、正式に医師として医療行為を行うことができます。
国家試験の受験資格には次のような条件があります。

  • 学校教育法に基づく大学において、医学の正規の課題を修めて卒業した者。
  • 医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地訓練を経た者。
  • 外国の医学校を卒業し、または外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が認定した者。
  • 沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第17条第1項の規程により、医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者。

修業年限

大学医学部、医科大学の修業年限は6年です。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

卒業後は、まず2年間の研修医として経験を積むことが必要です。
その後、正式に医療行為を行うことができます。

自分で医院を開業するか、病院や診療所に勤めるか、働き方は大きくふたつに分かれます。
働く場としては、おもに病院、診療所、医院など。
雇用形態は常勤、非常勤となります。
また研究機関などに就職して、司法解剖などを行う法医学者として活動する人もいます。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 医師