資格・職業・国家試験一覧

妊婦への保健指導、育児相談、分娩時の介助などを行う

助産師になるには

助産師の主な仕事は、妊婦への保健指導、育児相談、分娩時の介助などです。

どんな仕事?

妊娠や出産にかかわり、女性の妊娠、出産、産後の各時期において必要な監督、ケアおよび助言を行います。
また分娩時の介助をし、新生児及び乳児のケアを行うことも助産師の仕事です。
このケアには予防的措置、母子の異常な状態の発見、医学的援助を得ること、医学的援助が欠如している場合の緊急措置の実施なども含まれます。

助産師は女性のためだけでなく、家族及び地域社会のなかにあっても健康カウンセリングと教育に重要な役割を担っています。
産前教育や親になるための準備など、妊娠や出産にかかわるケアを行います。

ページトップへ

資格の取り方

助産師になるには、看護師養成施設を卒業してさらに1年間(法律上は6ヶ月以上)、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の助産師養成施設で学び、国家試験に合格することが必要です。
この他、4年制の看護大学の助産師養成課程を修了すれば助産師の受験資格が取得できます。
国家試験の受験資格には次のような条件があります。

  • 看護師免許を有する者で文部科学大臣指定の学校で6ヶ月以上助産師に冠する学科を修めて卒業した者。
  • 厚生労働大臣指定助産師養成所を卒業した者。
  • 外国の助産師学校を卒業または外国で免許を得たもので厚生労働大臣の認定を受けた者。

修業年限

短大専攻科と養成所は修業年限が1年です。
これらの養成施設以外では、4年制大学の看護師養成学部・学科を卒業することでも保健師の受験資格が取得できます。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

産院の産科病棟、産婦人科の診療所、市町村の母子保健センターなどが活躍の場です。
しかし、助産師は家庭やその他のサービスの場で業務を行うことができ、「助産所(助産院)」を自ら開業することもできます。
ただし、助産師が単独で行えるのは、正常な経過の妊娠分娩に関しての助産行為だけです。
そのため、個人で助産所を設け助産師としての活動を行っている場合は、産婦人科医との提携が必要になります。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 助産師