資格・職業・国家試験一覧

看護知識と技術をもち、地域住民の健康管理を担う

保健師になるには

保健師は地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾病の予防や健康増進など公衆衛生活動を行う地域 専門家です。
看護師を兼務する保健師も多数活躍しています。

どんな仕事?

保健所や市区町村で、各種の健康診断や予防接種を実施したり、育児・妊婦相談や高齢者の健康管理など、地域に密着した保健・健康管理を担当する専門家です。
乳幼児や妊婦、成人、高齢者、障がい者など幅広い年齢層を対象とし、市町村保健センターや児童家庭課、高齢者福祉課、国保年金課などで住民に身近な保健・福祉・サービスを担っています。
近年では、児童虐待や男女共同参画、職員へのメンタルヘルス教育など幅広い活動が行われており、保健・医療・福祉の橋渡し的な役割を担う市町村保健師の活躍が期待されています。

おもに都道府県・市町村などの保健所、保健センター等で保健行政に従事する行政保健師と企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、学校等で学生と教職員の心身の健康保持につとめる学校保健師(養護教諭)の3つに分けることができます。

ページトップへ

資格の取り方

保健師になるには、看護師養成施設を卒業してさらに1年間(法律上は6ヶ月以上)、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の保健師養成施設で学び、国家試験に合格することが必要です。
国家試験の受験資格には次のような条件があります。

  • 看護師免許を有する者で文部科学大臣指定の学校で6ヶ月以上保健師に必要な学科を修めた者。
  • 厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業した者。
  • 外国の保健師学校を卒業または外国で免許を得た者で厚生労働大臣の認定を受けた者。

修業年限

短大専攻科と養成所は修業年限が1年です。
これらの養成施設以外では、4年制大学の看護師養成学部・学科を卒業することでも保健師の受験資格が取得できます。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

おもに都道府県・市町村などの保健所、保健センター等の行政、企業、学校等です。
最近では、JICAやNGOなどに属し、発展途上国などで母子保健活動や感染症対策、衛生教育など国際地域看護活動を行う保健師なども存在し、活躍の場は広まっています。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 保健師