資格・職業・国家試験一覧

ひとりひとりにあった義肢・装具をつくる技術者

義肢装具士になるには

義肢装具士が扱う義肢とは、身体の欠損部分の機能を補う義手や義足などの補装具で、装具は、身体機能の回復や機能低下防止のために身につけるコルセットなどの補装具です。
これらの補装具を患者ひとりひとりに最適なものを提供するため、装着部分の採型・採寸・補装具の制作・できあがった補装具の装着・適合・状態の調整・装着後のリハビリテーションを行うのが義肢装具士の仕事です。
日本の技師装具の技術は、海外からも高く評価されています。

どんな仕事?

義肢装具士(Prosthetist&OrthotistといいPOと略す)の仕事は、リハビリテーションスタッフの一員として、医師の指示のもとに、義肢・装具の装着部位の採型・設計・製作・身体への適合を行い、患者のすみやかな社会復帰につとめることです。
義肢・装具は、切断された手足や患部によりよく適合し、機能がすぐれ、かつ不快感のない耐久性であるものが要求されます。
義肢装具士には医学と工学などの幅広い知識と高度な専門知識や技術が必要です。
今後さらに医療分野で大きな役割を担うことになるでしょう。

現在、全国で3,584名の義肢装具士が活躍しています。

義肢・装具ができるまで

まず、医師から患者の病態や特徴などを聞き、処方にしたがって装着部位の型をとります。
このとき、使用する患者本人の希望も聞きます。
なによりも温かい思いやりの心をもって接しなければ患者は心を開いてはくれません。

採型の次は製作に入ります。
着ける人の状態や希望を的確にとらえ、必要としている義肢・装具の製作を行います。
作業はほとんど手作業です。
まず義肢・装具を製作し、患者に装着して適合を確かめます(仮合わせ)。
人間の身体は各人の体型が違うので、細かな違いを読みとって、患者の身体にぴったりとあうものを製作します。

できあがった義肢・装具を患者に装着してもらい、適合の状態をみて、手直しがあれば修正を加えます。
この様にしてできた義肢・装具を患者に装着して、機能の回復をはかり、社会復帰をめざすのです。

ページトップへ

資格の取り方

義肢装具士

義肢装具士試験(国家試験)に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。
国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣指定の養成施設(専門学校など)で3年以上必要な知識と技能を修得する。
  • 大学などで1年(高等専門学校は4年)以上修行し、厚生労働大臣の指定する科目を修め、指定養成機関で2年以上必要な知識と技能を修得する。
  • 厚生労働省の義肢装具の技能検定に合格し、指定の養成施設で、1年以上必要な知識と技能を修得する。
  • 外国の相当する学校卒業者または免許所持者で、厚生労働大臣の認定を受ける。

養成施設の種類

義肢装具士の養成施設は全国に9校あります(国立1、私立8)。
国公立は、国立障がい者リハビリテーションセンター学院、私立校は早稲田医療技術専門学校、専門学校日本聴能言語福祉学院、熊本総合医療福祉学院、神戸医療福祉専門学校、西武学園医療技術専門学校東京新宿校、北海道工業大学、北海道ハイテクノロジー専門学校、新潟医療福祉大学です。

ページトップへ

こんなことを学ぶ

義肢装具士養成施設(3年制)では専門の知識と技術を93単位以上を学ぶことが法律で定められています。
カリキュラムは基礎科目、専門基礎科目(医学系の科目と工学系の科目があります)、専門科目の3つに分かれています。

基礎科目

科学的思考の基礎人間と生活

大学の一般教養の科目に相当し、おもに1年次で履修します。
心理学・倫理学・物理学・生物学など14単位を修得します。

基礎専門科目

人体の構造と機能及び心身の発達

疾病と病気の成り立ち及び回復過程

保健医療福祉とリハビリテーション

義肢装具領域における工学

基礎専門科目では4つの教育内容を柱に、医学分野と工学分野の45単位を修得します。
医学系では、公衆衛生学、医学概論、解剖学、生理学、病理学概論、機能解剖学、臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法学、作業療法学、臨床心理学など、義肢装具の適合を行う上で必要な医学的知識を修得します。
工学系では、図学製図学、機構学、電子計算機演習、義肢装具材料学、義肢装具材料力学、システム制御工学など、義肢装具の設計、製作に必要な知識を修得します。

専門基礎科目

基礎義肢装具学

応用義肢装具学

臨床実習

専門科目では3つの教育内容を柱に、義肢装具に関する基礎理論や制作方法を学び、45単位を修得します。

義肢装具学概論

義肢装具の歴史や全体の概要を学びます。

基本工作論

義肢・装具の基本的な製作法、機械の操作方法を学びます。

下肢装具概論

下肢装具の適応となる病気について学び、下肢装具が果たす役割について学習します。

下肢装具(実習)

下肢装具を実際に制作し、材料の選択方法や適合理論について学習します。

義足概論

各種義足の体重支持原理やパーツの機能などについて学習します。

大腿義足(実習)

大腿義足を実際に制作し、材料の選択方法や適合理論について学習します。

臨床実習

義肢装具製作所、リハビリテーションセンター、病院などの医療施設で、義肢装具の採型、製作、適合の実習では義肢装具を実際に製作します。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

義肢装具士の卒業後の進路としては、民間の義肢装具製作会社をはじめ、各都道府県のリハビリテーションセンターなどの義肢装具施設のある病院、義肢装具士養成施設や職業訓練校などの教育機関などがあります。
最近では一定期間のトレーニングの後に、発展途上国や戦争被災国に国際援助活動におもむくことも多くなっています。
また、医学、工学技術の進歩に伴い、義肢装具の研究・開発分野への進出も期待されます。

1987年に義肢装具士法が成立し義肢装具士は国家資格となりました。
比較的新しい資格のため、有資格者は不足しています。
義肢装具士の資格を得るためには厚生労働大臣指定養成施設を卒業しなければなりませんが、現在指定養成施設は全国に9校しかなく、学生定員も少ないため、全国からの求人に対応しきれないのが現状です。
卒業生はパイオニアとして義肢装具分野をリードしていくわけですから、それなりの自覚と努力が必要ですし、それだけにやりがいのある職業です。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 義肢装具士