資格・職業・国家試験一覧

視機能の検査と訓練を担う、眼科で唯一の専門職

視能訓練士になるには

視能訓練士は、コメディカル部門の一員で、眼科における検査や訓練を担当するスぺシャリストです。
眼科医師が正確な診断を行うために必要な眼科検査や、斜視・弱視の矯正訓練を行います。
専門眼科医療の必要性にともない、視能訓練士の重要性はますます高まっています。

どんな仕事?

視能訓練士(OrthoptistといいORTと略す)の仕事は大きく分けて4つあります。

1つめは、眼科一般検査になります。
最近では医療の進歩とともに眼科一般検査の比重も増大し各種眼科医療機器を使用し視機能を検査します。
一般検査には視力、視野、屈折、調節、色覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液などの他に、超音波、電気生理学、眼底写真撮影などがあります。
これらの検査によって得られた結果が適切な診断治療につながることから眼科診療チームにおける専門職として重要な役割を担っています。

2つめは、斜視(両眼の視線があわない症状)や弱視(メガネをかけても視力がでない症状)の矯正訓練を行うことです。
視能訓練士は医師と相談して、訓練に効果があると考えられる場合には訓練のプログラムを立て、正しい視機能が得られるように訓練します。
斜視や弱視は、視機能が発達する子どものうちに早期に発見して適切な治療をしないと、大人になってからでは正常な視機能を得ることができません。

3つめは、病院内での検査だけでなく、早期発見、早期治療、および予防医学の観点から地域医療活動に参加し、乳幼児検診・学校検診・職場検診・成人病検診・老人保健法による健康管理など、各種検診による視機能スクリーニングを行います。

4つめは、高齢化社会をむかえ、慢性疾患(糖尿病などの生活習慣病や緑内障など)の増加とともに中高年の低視力者もまた増加傾向にあります。
眼疾患、残存視機能について十分な専門知識をもつ視能訓練士が、低視力者の方々に対する拡大鏡などの補助具の選定や指導を行います。

適性

視能訓練士の検査結果が診断・治療につながり、症状によっては多岐にわたる視機能検査をするので、仕事の適性として責任感が強く根気強い人、子どもや高齢者を扱うことが多いことから思いやりのある性格の人が向いています。
視能訓練士は、欧米では歴史も古く専門職として高く評価されています。
日本でも眼科専門医のいる病院や医院では優秀な視能訓練士を求める声が高まり、1971年に視能訓練士で正式な国家資格として認められました。

現在、眼科医13,000名に対し、視能訓練士の数は7,500名弱です。
そのなかでも常勤で全国の病院・眼科などで活躍している人は約3,700名程度であり、まだまだ不足しています。
女性の比率が高い職業ですが、医療の進歩とともに最先端の機器を扱う機会が増え男性にとっても十分に技術と力量を発揮できる職業です。

ページトップへ

資格の取り方

視能訓練士

視能訓練士国家試験に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。
国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

  • 高校を卒業し、厚生労働大臣指定の養成施設で3年以上必要な知識と技能を修得する。
  • 大学で厚生労働大臣の指定する科目を修めて卒業する。
  • 大学・短大で2年以上あるいは看護師・保育士養成施設で2年以上修業し、厚生労働大臣の指定した科目(英語、心理学、保健体育の3科目のほか、教育学、倫理学、生物学、精神衛生、社会福祉、保育のうち2科目)を履習し、指定の養成施設で1年以上必要な知識と技能を修得する。
  • 外国の視能訓練士に関する学校もしくは養成施設を卒業、また外国で視能訓練士の免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が知識技能を有すると認定した者。

養成施設の種類

視能訓練士の養成施設は全国に23校あります。
学校区分では大学6校、専門学校17校、指定科目修得者を対象とした学校・養成所が4校(専門学校の2校を含む)です。

修業年限

大学4年、専門学校は3年制と4年制があります。指定科目修得者を対象とした学校・養成所は1年制です。

ページトップへ

こんなことを学ぶ

視能訓練士養成施設のカリキュラムは、1年制、3年制、4年制でそれぞれ異なります。
ここでは4年制大学のケースを紹介します。
専門基礎科目は1、2年次で学習。
3年次では、専門科目の講義と学内実習、4年次は臨地実習及び卒業研究を行います。

基礎科目

基礎科目は、一般教養科目系と医学基礎科目系に大別されます。
一般教養科目では、幼児や高齢者、障がい者などさまざまな人々に対する接し方も学びます。
医学基礎科目では、関係法規、医学概論、解剖生理学などを学びます。

専門科目

視器の解剖・生理・病理学

眼球各部、外眼筋の作用・構造、神経支配とその病態などについて学びます。

視覚臨床生理学

眼から脳へ視覚系全体について、眼科臨床で用いられる網膜電図(ERG)や視覚誘発脳電位(VECP)の理論おおび検査法などを通じて学びます。

生理光学

屈折力、屈折率、調節など光学系としての眼について学びます。
眼鏡やコンタクトレンズに関する事項も含まれています。

眼疾病学

遺伝性眼疾患、小児の眼疾患、伝染性眼疾患、網膜や視神経の異常など、眼のさまざまな疾患の原因、症状、治療、予防について学びます。

眼科薬理学

眼科の診断・治療について使用する薬物の作用と副作用について学びます。

神経眼科学

視能矯正における検査・訓練などを学びます。
内容は、斜視の検査法・治療法・弱視の検査法・治療を中心に多岐にわたっています。

実習

実習には、学内演習と臨床実習があります。
学内演習は、2年次に基礎科目の物理学や解剖生理学などでも行われます。
3年次には生理工学、視機能矯正学、神経眼科、視覚臨床生理学実習で視力検査や視野、両眼視機能の検査および斜視や弱視の訓練方法についての技術を徹底的に学びます。

4年次には、学外で臨床実習を行います。
臨床実習の目的は、視能訓練士の行う業務の実際的な知識と技術を身につけさせることです。
実際に病院や施設で患者さんを対象に、医師の指示のもとでほかの医療スタッフとチームを組んで行われます。
直接患者様と接することや病院でのさまざまな体験を通して、将来医療にたずさわる視能訓練士としてのモラルと確かな自覚が育まれていきます。

卒業研究

指導教員の提示したテーマ、または自分たちで研究したいテーマを見つけグループごとに卒業研究に取り組み研究のプロセスを十分に学び発表します。

ページトップへ

卒業後の進路と展望

視能訓練士の就職先は、設備の整った総合病院、大学病院、国公立病院など都市の病院に集中する傾向がありますが、眼科医院や眼科病院への就職も増えています。
さらに、今後は各種保健・福祉施設、リハビリテーション関連施設で働く機会や、より高い専門知識と技術を身につけるため大学院に進学する学生も増えていくと思われます。
初任給などについてはそれぞれの医療機関により異なりますが、ほかの医療系技術者とほぼ同じで、夜間勤務はありません。

近年、いろいろな意味での生活の多様化は、人間の眼にも大きな負担をかけています。
眼の医療はこれからもますます社会的に重要な位置を占めることはまちがいありません。
これからは専門眼科医療の必要性にともない、また高齢化社会の進展などにより視能訓練士の存在意義のますます大きなものになってくると予想されます。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療系国家資格一覧
  4. 視能訓練士