歯科技工士になるには。

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 歯科技工士

資格・職業を調べる

義歯や差し歯など、人工歯を作るプロフェッショナル

歯科技工士

歯科技工士

歯科技工士は歯科補てつ物(義歯、歯冠修復物など)をつくる業務に従事します。
金属、陶材、プラスチックなどの材料の知識を基礎に、歯型彫刻の造形技能、歯並びなどの自然感を表現する美的感覚、歯科医学固有の学問に裏づけられた確かな知識・技術が必要です。

歯科技工士をめざせる学校を探す

歯科技工士の仕事

歯科技工士は、医療技術者のなかでも専門的分野のスペシャリストとし、学問的にも幅広く、より高度な技術が求められています。
作業は歯科医師によって型採りされた上下のあご模型(石こうモデル)を対象に行われますが、設計や使用材料・補てつ方法などについては歯科医師から指示があります。

技術次第で独立開業の道も開かれています。女性の進出も期待されている分野で、年々女性の志望者が増えています。

歯科技工士になるには

歯科技工士国家試験に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

(A)
高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣の養成施設で2年以上必要な知識と技能を修得する。

(B)
歯科医師国家試験または歯科医師国家試験予備試験の受験資格を得る。

(C)
外国の歯科技工士学校卒業または免許所持者で厚生労働大臣の認定を受ける。

卒業後の進路

歯科技工士養成施設の就職先は、歯科医院、国公私立の病院、企業の診療所、材料メーカー、養成所の教員などが主です。経験を積んで技術に自信がもて、経営センスがあれば歯科技工所の経営者として独立することもできます。

社会の高齢化はますます進展し、加えて、虫歯は文化が発達すればするほど罹病率が高くなるといわれています。
これからも歯科技工士の需要は高くなると予想され、同時に技術の向上も求められています。

歯科技工士の国家試験

平成28年度実施の歯科技工士国家試験の試験期日・試験地・昨年度の合格率などのデータです。

試験日 平成29年2月19日(日曜日)
試験地 北海道、宮城県、東京都、大阪府および福岡県
平成28年度合格率 受験者数:1,012名 合格者数:987名 合格率:97.5%

歯科技工士をめざせる学校を探す

看護・医療系
看護師
保健師
助産師
医師
リハビリ系
理学療法士
作業療法士
視能訓練士
義肢装具士
言語聴覚士
医療技術系
臨床検査技師
臨床工学技士
診療放射線技師
歯科系
歯科衛生士
歯科技工士
歯科医師
柔整・鍼灸系
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
救急救命系
救急救命士
福祉系
介護福祉士
社会福祉士
精神保健福祉士
薬学
薬剤師