資格・職業・国家試験一覧

メディカルトレーナーになるには

どんな仕事?

メディカルトレーナー

メディカルトレーナーとは、東洋医学をベースにした技術で、ケガや病気の発生を予防するための指導を行うトレーナーです。
基礎西洋医学の知見を底辺に、手段として東洋医学・カイロプラクティック・オステオパシー・スポンデロセラピーなどの集約した「手技」による身体矯正技術を中心に、体育医療、栄養生理、養護保健の実際的医療技術や運動医学の理論体系が柱となっています。
痛みの原因を緩和、または取り除くための調整や、適切な身体の動かし方、正しい姿勢などをアドバイスし、本来の健康体を取り戻すための指導をおこないます。

資格の取り方

メディカルトレーナーになるには、とくに資格は必要ありませんが、医学や運動学の基礎知識を専門学校などで学び、運動療法のテクニックなどを実践的に身につけることが必要 です。 また、病院など医療機関で働くには柔道整復師などの国家資格の取得が必須になります。

メディカルトレーナーが必要とされる場所は、整形外科や接骨院などの医療機関以外にも、スポーツクラブや各種福祉施設、美容関連施設など、実にさまざまです。子どもからお年寄り、普通の人からプロスポーツ選手など、幅広い人に指導することになるので、相手の話をじっくりと聞くことができ、その人の立場に合わせたキメ細かいアドバイスができるコミュニケーション能力が必要になるでしょう。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. メディカルトレーナー