資格・職業・国家試験一覧

メディカルクラークになるには

どんな仕事?

メディカルクラークとは、病院などでの全般的な医療事務業務を担当する医療事務職のスペシャリストです。
外来や入院業務などの医事事務、診療情報管理業務、医療保険請求業務を含む医療経理、看護師を中心とした病棟スタッフのスケジュール管理なども担当します。
病院では、24時間体制で医療行為が行われているため、医師看護師が医療行為をスムーズに行えるよう、体制を整えることが必要です。 そのため、メディカルクラークは入院患者の食事や点滴、投薬の管理、入退院の諸手続きなど、医療事務職を担っています。
事務系を中心にさまざまな専門知識が必要となります。

資格の取り方

メディカルクラークになるには、医療事務技能審査試験に合格することが必要です。医療事務における知識・技能の高さを証明する資格で、合格者にはメディカルクラークの称号が付与されます。
受験資格は、所定のガイドラインを履修するか、6ヶ月以上の実務経験によってが得られます。
試験内容は、患者待遇、診療報酬請求明細書作成・点検といった実技と、医療事務知識についての学科があり、1級と2級があります。

問い合わせ

日本医療教育財団(http://www.jme.or.jp/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. メディカルクラーク