資格・職業・国家試験一覧

メディカルエンジニアになるには

どんな仕事?

メディカルエンジニアとは、ME技術者といわれ、電子電気医療用機器やシステムを扱う技術者です。
集中治療室、手術室、透析室、検査室などの医療の現場では、最新の医療用機器が導入されています。 これらの医療用機器を安全に正しく運用し、保守・点検を行います。
こうした機器の開発など、進化を続ける医療機器業界で中心的な役割を担い、人命救助の一翼を担うのがメディカルエンジニアです。 電気電子の理工学的知識に加えて医学的な知識も要求されるハイテク技術者です。

医療機器を操作する人に臨床工学技師がいますが、主に人工呼吸器などの生命を維持する機器を扱うのが仕事です。
機器を扱うという点で仕事内容は類似しますが、扱う機器の種類はメディカルエンジニアの方がはるかに多種多様となります。

資格の取り方

メディカルエンジニアになるには特に資格は必要ありませんが、幅広い医療知識が必要になため、専門学校等の教育機関で知識や技術を学んで実力をつけておく必要があります。 また、医学的な知識だけでなく、電気・電子の知識も必要になる仕事です。

メディカルエンジニアの仕事場は、医療機器メーカーや販売会社が主で、メーカーでは、開発の仕事にもかかわります。
臨床工学技師の資格を持つ人が多く働いています。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. メディカルエンジニア