資格・職業・国家試験一覧

登録販売者になるには

どんな仕事?

登録販売者とは薬店やドラッグストアなどで、大衆薬を含めて一般の医薬品を販売する職業で、地域社会の医療・保健衛生に貢献する重要な仕事です。 薬事法の一部改正により2009年からスタートした新しい資格制度です。

まず薬には大きく分けて2種類あります。
病院、診療所などで診察を受けた後、医師の処方せんに基づいて、薬剤師による調剤を経て交付される医療用医薬品と、薬剤師が常駐する薬局、薬店で誰でも購入できる一般用医薬品です。 今まで医薬品の専門家は薬剤師でしたが、登録販売者も一般用医薬品の販売ができるようになりました。
薬剤師との大きな違いは、処方せんに基づく薬の調剤が出来るか出来ないかということと、第1類医薬品が販売出来るか出来ないかの2点になります。

資格の取り方

登録販売者になるには、各都道府県が実施する認定試験に合格する必要があります。 薬学部等の専門の課程を修了したと証明される学歴、あるいは薬局又は一般販売業、登録販売者販売業もしくは配置販売業での1年以上の実務経験があれば受験可能です。
しかし派遣社員として働いた場合は医薬品販売業との間に雇用関係が生じないため、実務経験年数には換算されません。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 登録販売者