資格・職業・国家試験一覧

調剤報酬請求事務専門士になるには

どんな仕事?

調剤報酬請求事務専門士とは医療事務の調剤版で、調剤薬局内にて薬剤師の仕事を補佐する職業です。
政府が推進する医薬分業化により調剤薬局での院外処方が増え、院内薬局に加えて調剤薬局の保険請求業務に特化した事務員の需要が高まり、認定資格ができました。
薬剤師の要求に応えられるよう、認定試験に合格するには調剤請求の知識・技能のほか医学薬知識も必要で、難度もかなり高いものになっています。

資格の取り方

資格を取得するには、検定協会が年に2回行う認定試験に合格するか、全国の協会会員校(認定専門学校)にて一定の条件を満たして卒業すると資格が取得できます。
試験は学科と実技で構成されていて、学科試験は各級とも、接遇マナー、薬剤の基礎知識、医薬品関連法規、医療保険制度、調剤報酬請求に関する知識を問う内容、実技試験は症例をもとにしたレセプト作成です。
院内および院外薬局(調剤薬局)のスタッフの仕事に就くには、この資格を確実に取得できる協会会員校に入学して学ぶことをお勧めします。

問い合わせ

調剤報酬請求事務専門士検定協会(http://www.isiyaku.org/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 調剤報酬請求事務専門士