資格・職業・国家試験一覧

診療情報管理士になるには

どんな仕事?

診療情報管理士とは診療記録や診療情報を適切に管理・分析して医療活動に役立てる専門的な職業です。
患者全員の医療の内容などについての記録(カルテ)を、医師や関係者から集め、一定の方式で整理して、医師などが必要なときには迅速的確にその情報を提供できるように保管するのが、診療情報管理士の仕事です。
これには、医師によって書かれた病歴や病状の記録だけでなく、治療や内容とその経過、手術をした場合には手術記録、各種検査結果などのすべての記録が含まれます。
病院によっては、病歴士、診療情報管理士あるいは病歴司書などと呼ばれる場合もあります。

資格の取り方

日本病院会指定大学および専門学校で指定単位を修得するか、もしくは日本病院会が設ける診療情報管理士通信教育で指定単位を修得し、受験資格が与えられた上で、診療情報管理士認定試験に合格することで資格を取得できます。

試験日程は年に1回、平成21年度は2月に全国16の会場で実施されます。

問い合わせ

日本病院会(http://www.jha-e.com/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 診療情報管理士