資格・職業・国家試験一覧

消化器内視鏡技師になるには

どんな仕事?

消化器内視鏡技師とは、内視鏡検査・治療の介助、内視鏡の装置の管理・操作、記録写真の整理などを行う技術者です。
内視鏡検査は食道、胃、肛門、胆道など、体のすみずみを内視鏡のレンズでのぞくだけではなく、採取器で細胞を切り取って調べたり、電流で異常な組織を焼いたり、レーザー光を照射して出血をとめたり、応用範囲は年々広がっています。
内視鏡検査・治療の知識・技術の進歩にあわせて、より優れた検査・治療を、より安全に、より多くの人に受けてもらう為に、スタッフも専門的な知識・技術を持たなくてはなりません。

資格の取り方

国家資格制度はありませんが、日本消化器内視鏡学会の認定試験制度があります。
消化器内視鏡技師の認定を受けるためには、看護師臨床検査技師・その他の医療従事者が、日本消化器内視鏡学会認定の専門医による指導を受け、2年間以上、内視鏡検査の介助に従事し、1年に1度行われる筆記試験・面接試験に合格する必要があります。
対象資格は、保健師助産師看護師、准看護師、臨床検査技師診療放射線技師薬剤師、衛生検査技師、臨床工学技師となっています。

問い合わせ

日本消化器内視鏡技師会(http://www.jgets.jp/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 消化器内視鏡技師