資格・職業・国家試験一覧

社会福祉主事になるには

どんな仕事?

社会福祉主事とは、行政における社会福祉の推進役です。 より高度な社会福祉に対するニーズが高まるなか、地域住民と直結し、現実に必要とされる福祉行政を実際に実施していきます。
保護や援助を必要とする人たちの相談・指導・援助がおもな仕事です。

社会福祉の役割は、子どもたちを保護育成したり、病気や心身の障害、貧困などのため社会的な保護や援助を必要としている人たちとふれあい、相談や指導をし、身のまわりの世話をすることにあります。
社会福祉主事のおもな仕事は、福祉事務所で地域の住民と直結し、住民が現実に必要とする福祉サービスを、行政の責任において直接住民に提供することです。

資格の取り方

社会福祉主事の資格をとるもっとも一般的な方法は、大学、短大や指定の福祉系専門学校で、更生労働大臣が指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業することです。
さらに、社会福祉主事は任用資格であるため、地方公務員採用試験に合格することが必要です。

<厚生労働大臣の指定する科目>
社会福祉概論、社会福祉事業史、社会福祉事業方法論、社会調査統計、社会福祉施設経営論、社会福祉行政、公的扶助論、児童福祉論、保育理論、身体障害者福祉論、知的障害者福祉論、老人福祉論、医療社会事業論、地域福祉論、協同組合論、法律学、経済学、心理学、社会学、社会政策、経済政策、社会保障論、教育学、刑事政策、犯罪学、倫理学、生理衛生学、公衆衛生学、精神衛生学、医学知識、看護学、栄養学。
以上の32科目のうち3科目以上を履修して卒業して取得します。

卒業後の進路と展望

社会福祉士のおもな活躍分野は以下のとおりです。

  • 福祉施設…老人福祉施設(養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設など)、知的障害者援護施設、児童福祉施設(児童養護施設、知的障害児通園施設、自閉症児施設、児童自立支援施設など)、身体障害者更生援護施設など
  • 行政機関
  • 保健・医療機関
  • 教育機関
  • 社会福祉協議会
  • 民間企業(シルバー産業における相談援助、在宅ケアサービス、介護保険など)

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 社会福祉主事