資格・職業・国家試験一覧

細胞検査士になるには

どんな仕事?

細胞検査士とは、細胞診断士ともよばれ、がん等の疾患を顕微鏡を用いて細胞レベルで検査する臨床検査技師または衛生検査技師のことです。 正常な細胞の中からがん細胞を探し出す、高度な技術と責任感を持つ医療技術者です。
実際には細胞検査材料の採取の介助、適切な細胞処理の選択、検査に必要な染色法の選択、検査結果の精度管理、標本の管理と保存など一連の検査実務を担当します。
細胞診はがんの発見にきわめて有効な検査法で、高い専門技術と能力が要求される仕事です。

資格の取り方

細胞検査士は日本臨床細胞学会と日本臨床病理学会の認定資格で、取得のためには細胞検査士認定試験に合格する必要があります。
資格認定試験の受験資格は、細胞検査士養成コースのある大学で所定の単位を修得するか、臨床検査技師(衛生検査技師)の資格取得後、1年以上の細胞診検査実務経験者、または、養成所(3施設)の修了者、及び養成課程を卒業することで得られます。
養成課程は杏林大学保健学部、北里大学医療衛生学部、群馬大学・山口大学医学部保健学科にあります。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 細胞検査士