介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)。

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

資格・職業を調べる

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修の仕事

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは、日常生活を送るのが困難な高齢者や障がい者へ入浴、食事、排泄などの身体介護、そして掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助をおこなうために必要な知識と技術を身につけるための研修制度です。
介護職員初任者研修の資格を持っていなくても介護施設で働くことは可能ですが、介護施設の求人に応募する際にも必要とされる事が多くなっています。資格取得後は養護老人ホームやグループホームなどの施設でスタッフとして勤務したり、高齢者や障がい者の家庭を訪問して介護や援助を行うのが一般的です。

介護職員初任者研修になるには

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)は、各都道府県が指定する事業者(学校やスクールなど)が実施する130時間の研修を受講し修了し、筆記試験で7割以上の点数を、修了認定・資格取得となります。修了試験で知識や技術の習得が十分でないと判断された場合でも、補講などを受けることで最終的には合格できるようになっています。

一部通信制の講座もありますが、カリキュラム130時間のうち、通信での学習(自宅学習)が認められているのは最大で合計40.5時間分(各科目ごとに上限あり)で、残りはスクールや講習会場などに通って講座を受ける必要があります。
なお、資格取得にかかる期間は、コースにもよりますが最短で1ヶ月、平均的には3~4ヶ月程度です。

介護職員初任者研修をめざせる学校を探す

医療関連エキスパート
准看護師
認定看護師
医療事務
医療情報技師
医療ソーシャルワーカー
医療秘書
診療情報管理士
登録販売者
調剤事務管理士
介護職員初任者研修
実務者研修
児童福祉士
臨床心理士
メディカルクラーク
スポーツトレーナー
歯科助手