資格・職業・国家試験一覧

音楽療法士になるには

どんな仕事?

音楽療法士

音楽療法士とは、音楽療法を用いて患者の気持ちをリラックスさせたり、ストレスをなくす職業です。
音楽療法は、音楽を聴かせるたり、歌を歌ったり、楽器を演奏させたりして、心身の障がいの軽減回復、機能の維持改善、生活の質の向上をはかる療法です。
単に歌を歌うことや音楽を聴くといったこととは違い、個々のニーズに合わせて音楽を提供し、成果を分析しながら行うため、技術を持った専門家が行わなければ成果を上げることが難しいものです。
精神的な症状をもった患者や痴呆の症状のあるお年寄り、自閉症児童などが主な対象ですが、精神的なケアという面では幅広い症状の人に利用されます。

資格の取り方

現在、日本には音楽療法に関する国家資格制度や養成施設はなく、日本音楽療法学会が行う資格認定試験による認定になります。また日本音楽療法学会の正会員であることが条件になっています。
音楽系大学・短大では音楽療法士カリキュラムも組んでいるところが増えてきて、2011年4月からは「新認定制度」の開始が予定されています。

問い合わせ

日本音楽療法学会(http://www.jmta.jp/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 音楽療法士