資格・職業・国家試験一覧

医療秘書になるには

どんな仕事?

医療秘書とは、病院を中心とした医療機関で秘書的業務、医事業務、医療補助業務を行う事務スタッフの総称です。
通常の医療事務業務とは違い、スケジュール管理や、データの整理や管理、書類の作成、ファイリングなど、秘書業務をまかされ、院長室の掃除などの庶務的な業務も行います。
院長秘書のほかに、医局秘書という仕事もあり、この医療秘書の仕事の内容は、医局のスケジュール管理、資料整理、医局会議の準備などのこれも同じく専門的な仕事です。

仕事の内容は大きく分けて、秘書的業務、医事業務・医療補助業務の3つに分類されます。
秘書的業務は、文書の受付・伝票整理・保管、諸記録の作成管理・患者や来客との応対・他施設との連絡業務などがあります。 医事業務では、保健請求事務所手続、法的届出事務、計算事務などがあります。 医療補助業務は、医学文献の管理・調査、研究補助業務、病院管理とその補助業務などがあって、その仕事内容は多岐にわたります。
病院の受付・会計係は、診療請求事務の資格が必要であると共に、患者さんの病院に対するイメージを決定づける「病院の顔」という重要な役割からも高いコミュニケーション能力が要求されます。

資格の取り方

医療秘書になるには診療請求事務などの資格を取得するのがよいでしょう。
診療請求事務の資格は、いくつかの民間の検定協会がそれぞれ独自に検定試験を実施し、年度に応じて1〜3級までの検定資格を与えています。 さらに、近年では院内外の薬局における調剤請求に特化した調剤報酬請求事務検定資格も需要が高まっています。

また、新聞広告などでよく見かける「医療秘書通信講座」は、社会人経験のある主婦層に短期間で診療報酬事務の資格を取得させて、おもに診療所(病床数19床以下)や歯科医院のパート職を紹介している講座です。
高校生や社会人経験のない人が医療秘書として病院(病床数20床以上)に正社員採用されるには、専門学校(2年課程以上)の医療ビジネス科や医療秘書科で診療請求事務を学ぶと共に総合的な商業事務能力や社会人マナーを身に付けるのが一番の近道です。 医療事務の学校の中に、「医療秘書科」と呼ばれる学科のある専門学校があります。

医療秘書の専門学校から医療秘書として就職する人は数少なく、医療秘書は通常の秘書業務知識のほか、医療的知識も必要とされるので、非常に価値の高い職業であると言え、とても難しい職業であるといわれています。

問い合わせ

医療秘書教育全国協議会(http://www.medical-secretary.jp/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 医療秘書