資格・職業・国家試験一覧

医療ソーシャルワーカーになるには

どんな仕事?

医療ソーシャルワーカーとはMSWと呼ばれ、主として病院や保健所などにいて医療と福祉の橋渡しの役目を担う職業です。 病気や障がいを持った人が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る専門職です。
保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、病気や障がいを持った人とその家族が抱える経済的、心理的、社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進をはかります。

資格の取り方

大学、社会福祉専門学校などで社会福祉学を学び、社会福祉主事任用資格を持つ人や、社会福祉士精神保健福祉士の資格取得者及び受験資格を有する、社会福祉の専門的知識と技術を持った人が、医療ソーシャルワーカーとして働いています。 保健医療分野に従事するソーシャルワーカーとして、医療保険制度や保健医療に関する知識についても習得する必要もあります。
現在は「医療ソーシャルワーカー」独自の国家資格はありませんが、社会福祉士精神保健福祉士の国家資格を基礎資格とする方向があるので、医療ソーシャルワーカーとして働くためには、それらの資格取得を目指すと有利になるでしょう。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 医療ソーシャルワーカー