資格・職業・国家試験一覧

医療情報技師になるには

どんな仕事?

医療情報技師とは、コンピューターを使い医療分野に関わるシステムの開発および運用・保守を仕事とする専門家です。
現在、病院や診療所などの医療機関では、電子カルテの導入やや検査・診断支援システムなどコンピューター利用による医療管理が急速に進んでいます。 医療情報技師の具体的な業務は、日々の診療業務に関わる保健医療福祉情報システムの企画・開発および運用管理・保守です。

病院の医療情報スタッフはもちろん、医療ソフトウェアメーカーの技術者など幅広い分野で活躍できます。
情報システムを扱う技術が必要不可欠なのはもちろん、医療情報を扱う知識と意思決定に至る思考能力や、医療情報を扱うため、あらゆる分野の業務と関連知識を修得する必要があります。

資格の取り方

医療情報技師の資格を取得するには、日本医療情報学会主催が年1回実施する「医療情報技師能力検定」で、一定基準の成績を修める必要があります。
試験科目は情報処理技術系・医学医療系・医療情報システム系の3科で、一部科目だけ基準以上の成績を得た場合、翌々年の試験まで合格科目の受験を免除できます。
平成15年から始まり、4千人近くの人が受験しています。

問い合わせ

日本医療情報学会(http://www.jami.jp/

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 医療情報技師