資格・職業・国家試験一覧

医療事務になるには

医療事務

医療事務とは医療機関の経営面を支え、来院した患者さんと最初に接する医療機関の「窓口」としての役割を担う職業です。
診療報酬請求(レセプト)の作成と受付業務など専門スキルで医療と福祉に貢献します。

どんな仕事?

わが国では、国民皆保険制度により国民全員が健康保険に加入し、病院でかかった診療費の何割かは患者さんから現金でいただき、残りの費用は病院が健康保険組合に請求するという制度を採っています。 医療事務にとっては、医事業務の中核となる診療(保険)請求事務は最も重要な業務になります。
また、大学病院などの大きな病院では、医療事務の仕事の内容に、秘書業務が加わる場合もあります。

会計業務

診療費のうち、患者様の自己負担分を徴収する業務です。 病院経理のかなめであり、ミスの許されない責任の大きな仕事です。

診療報酬請求業務

国や健康保険組合に提出する請求書=レセプト(診療報酬明細書)の作成から請求までの業務です。

オペレータ業務

診療や投薬、患者様自身の情報をカルテや処方せんから読み取って、コンピュータに入力します。

受付業務

保険証の受け渡し、受診経路のご案内やカルテの準備などを行います。

病棟クラーク

入院患者様の診察内容のコンピュータ入力、入退院時の手続きなどを行います。 看護師さんの事務作業のサポートも行います。

カルテ管理

速やかな診察のため、カルテの整理や検索を行います。 カルテには患者様の個人情報がたくさん詰まっていますので、その持ち運びや管理に正確性が求められます。

資格の取り方

医療事務には国家資格はありません。 色々な名称の試験がありがますが、どの団体で主催している検定試験の資格も、民間の資格になります。 必ずしも資格がなければ医療事務の仕事に就けないということではありませんが、レセプの請求事務に必要な力を認定する試験として診療報酬請求事務能力認定試験を受けておくといいかもしれません。
さまざまな知識が要求される業種なので、専門学校などで知識・実力を身につけて診療報酬請求事務能力検定や医療秘書技能検定の資格を取得し、就職に臨むのがベストです。

おすすめ特集

もっとみる

分野とエリアを選ぶだけ!おまかせ資料請求!

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業・国家試験一覧
  3. 医療関連エキスパート一覧
  4. 医療事務