義肢装具士になるには。

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 義肢装具士

資格・職業を調べる

ひとりひとりにあった義肢・装具をつくる技術者

義肢装具士

義肢装具士の仕事は、リハビリテーションスタッフの一員として、医師の指示のもとに、義肢・装具の装着部位の採型・設計・製作・からだへの適合を行い、患者のすみやかな社会復帰につとめることです。
患者ひとりひとりに最適なものを提供するため、装着部分の採型・採寸・補装具の制作・できあがった補装具の装着・適合・状態の調整・装着後のリハビリテーションを行います。

義肢装具士をめざせる学校を探す

義肢装具士の仕事

義肢装具士が扱う義肢とは、手足の一部を失った人がその欠損部の動きや概観を補うために装着するものでいわゆる人工の手足です。装具とは、病気やけがの場合に、治療の一部として、あるいは失われた機能の補助を目的としてからだに装着する補助器具です。義肢・装具は、切断された手足や患部によりよく適合し、機能がすぐれ、かつ不快感のない耐久性のあるものが要求されます。
義肢装具士には医学と工学などの幅広い知識と高度な専門知識や技術が必要です。

義肢装具士になるには

義肢装具士国家試験に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

(A)
高校卒業後、文部科学大臣または都道府県知事指定の養成所(専門学校など)で3年以上必要な知識と技能を修得する。

(B)
大学などで1年(高等専門学校は4年)以上修行し、厚生労働大臣の指定する科目を修め、指定養成機関で2年以上必要な知識と技能を修得する。

(C)
厚生労働省の義肢装具の技能検定に合格し、指定の養成施設で、1年以上必要な知識と技能を修得する。

(D)
外国の相当する学校卒業者または免許所持者で、厚生労働大臣の認定を受ける。

卒業後の進路

義肢装具士の卒業後の進路としては、民間の義肢装具製作会社をはじめ、各都道府県のリハビリテーションセンターなどの義肢装具施設のある病院、義肢装具士養成施設や職業訓練校などの教育機関などがあります。
最近では一定期間のトレーニングの後に、発展途上国や戦争被災国に国際援助活動に赴くことも多くなっています。
また、医学、工学技術の進歩に伴い、義肢装具の研究・開発分野への進出も期待されます。

義肢装具士の国家試験

平成28年度実施の第30回 義肢装具士国家試験の試験期日・試験地・昨年度の合格率などのデータです。

試験日 平成29年2月24日(金曜日)
試験地 東京都
平成28年度合格率 受験者数:254名 合格者数:221名 合格率:87.0%

義肢装具士をめざせる学校を探す

看護・医療系
看護師
保健師
助産師
医師
リハビリ系
理学療法士
作業療法士
視能訓練士
義肢装具士
言語聴覚士
医療技術系
臨床検査技師
臨床工学技士
診療放射線技師
歯科系
歯科衛生士
歯科技工士
歯科医師
柔整・鍼灸系
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
救急救命系
救急救命士
福祉系
介護福祉士
社会福祉士
精神保健福祉士
薬学
薬剤師