歯科衛生士になるには。

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 歯科衛生士

資格・職業を調べる

歯科医師のサポートだけでなく、歯科保健指導などを行う

歯科衛生士

歯科衛生士

歯科衛生士は主に診療補助や歯科保健指導、歯科予防処置歯の病気の予防処置、治療の介助や補助、ブラッシング指導、プラークコントロールと呼ばれる定期的な歯垢・姿勢の除去などを行います。治療にも積極的に参加していきます。

歯科衛生士をめざせる学校を探す

歯科衛生士の仕事

歯科医療にたずさわる人々は歯科医師を中心に、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、医療秘書などですが、このなかで国家資格をもっているものは、歯科医師のほかは歯科衛生士と歯科技工士です。

歯科衛生士の業務は多岐に渡り、歯科疾患(歯および口腔の病気)の予防のために直接患者さんに歯科予防処置を行ったり、歯科診療が効率よくすすめられるために、歯科医師の診療をサポートする歯科診療補助を行います。
また一般市民に対しての口腔衛生思想の普及活動、保健指導および教育をする業務や、心身障がい者や寝たきりの高齢者の生活の質(QOL)を向上するために行う歯科口腔介護業務も行います。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士国家試験に合格すると免許が与えられます(厚生労働大臣の免許)。国家試験の受験資格を得るには次のような方法があります。

(A)
高校卒業後、文部科学大臣または都道府県知事指定の養成施設(短大・専門学校など)で3年以上必要な知識と技能を修得する。

(B)
外国の歯科衛生士学校卒業者または免許所持者で厚生労働大臣の認定を受ける。

卒業後の進路

歯科衛生士の卒業後の進路は、歯科医院(歯科診療所)が中心です。
一方、保健所や市町村、老人保健施設、企業など公衆衛生の分野で活躍する者も年々増えています。超高齢化社会の進展に伴い、医療は治療から保健・介護へと向っています。学校・福祉施設などでも組織的・恒常的な歯の健康維持・予防のための指導が行われるようになりました。
歯科衛生士の保健・福祉部門への積極的な参加は、これから益々期待されていくものと考えられます。

歯科衛生士の国家試験

平成28年度実施の第26回 歯科衛生士国家試験の試験期日・試験地・昨年度の合格率などのデータです。

試験日 平成29年3月5日(日曜日)
試験地 北海道、宮城県、千葉県、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
平成28年度合格率 受験者数:7,218名 合格者数:6,737名 合格率:93.3%

歯科衛生士をめざせる学校を探す

看護・医療系
看護師
保健師
助産師
医師
リハビリ系
理学療法士
作業療法士
視能訓練士
義肢装具士
言語聴覚士
医療技術系
臨床検査技師
臨床工学技士
診療放射線技師
歯科系
歯科衛生士
歯科技工士
歯科医師
柔整・鍼灸系
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
救急救命系
救急救命士
福祉系
介護福祉士
社会福祉士
精神保健福祉士
薬学
薬剤師