看護師になるには。

資格・職業を調べる。看護・医療・福祉の専門学校・大学の情報を掲載している看護医療進学ネット。

  1. 看護の専門学校・大学情報は「看護医療進学ネット」
  2. 資格・職業を調べる
  3. 看護師

資格・職業を調べる

看護を担う専門職

看護師

看護師

看護師とは、看護を担う専門職であり、医師とともに医療が安全に行われるよう、診療の補助をします。
冷静さや、プロとしての専門的な知識・技術が要求される仕事です。 医療の高度化、人口の高齢化などにより、看護師の需要はますます高まっています。

看護師をめざせる学校を探す

看護師の仕事

看護師の仕事は、医師が患者を診療する際の補助、健康障がい、あるいは乳幼児やお年寄りのように自分で自分のことができない人たちの生活行動を助け、生活の質(QOL)を高める援助をすることです。
また健康を損ねたときには、すみやかに回復できるようにサポートをします。

健康を回復するための援助、安楽な死への援助、さらには健康増進への援助と、看護師の仕事の責任は重大であり、またきびしさも要求されます。
病院ばかりでなく、診療所、訪問看護ステーション、市町村、学校、事業所、老人保健施設、保育所、特別養護老人ホームなど、あらゆる場での活躍が期待されています。男性看護師も活躍の場が広がりつつあります。

看護師になるには

看護師になるには多くのコースがあり、自分の置かれた状況に合わせて選択することができます。

高校卒業後看護師免許をとる場合

(A)
看護大学、統合カリキュラム校に4年間通うことで、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。看護大学では、さらに選択制で保健師と助産師の受験資格も得られます。
看護大学では学士として、統合カリキュラム校では高度専門士として認定され、ともに大学院に進学することができます。

(B)
看護師学校、短期大学に3年間通うことで、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。
この課程で看護師資格を持った人は、保健師あるいは助産師になるために、それぞれの養成課程に進学することができます。また、大学への編入も可能となります。

中学卒業後看護師免許をとる場合

(C)
高等学校5年一貫教育のコースに通うことで、看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

准看護師免許取得後、看護師学校に進学して看護師免許をとる場合

(D)高校卒業者の場合
ただちに2年間の看護師課程に進学できます。
卒業時には専門士、准学士となり、看護師資格を取った後は保健師、助産師課程の養成校に進学できます。また、大学への編入もできます。

(E)中学卒業者の場合
3年間の准看護師としての実務経験の後に進学となりますが、この場合は高等学校専攻科や短期大学には入学できません。

(F)
7年間の准看護師の実務経験の後、2年間の通信制看護学校を修了して看護師国家試験受験資格を得られます。准看護師として働きながら単位を取るもので、臨地実習が少ないカリキュラムです。

卒業後の進路

進学

専門看護師・認定看護師・看護学修士・看護学博士への道
看護師免許を取得したのち、現在ではさらに看護の専門性を生かした看護師を必要としている状況から、認定看護師、専門看護師を養成しています。ともに5年の実務経験と、認定看護師では6ヶ月以上の研修、専門看護師では大学院での2年の学習が必要となります。

就職

看護師の就業場所は、病院・診療所が主で、そのほか、訪問看護ステーション、居宅サービス部門、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、看護学校等研究機関、社会福祉施設、市町村、事業所と続きます。

看護師の勤務について

多くの新卒業看護師は病院等でスタートを切ります。 病院においては24時間の生活援助をすることが看護の基本ですので、多くは3交代(8時間勤務)2交代(夜間16時間勤務・2時間休憩)などを行っています。

看護師の国家試験

平成29年度実施の第107回 看護師国家試験の試験期日・試験地・昨年度の合格率などのデータです。

試験日 平成30年2月18日(日曜日)
試験地 北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
平成28年度合格率 受験者数:62,534名 合格者数:55,367名 合格率:88.5%

看護師をめざせる学校を探す

看護・医療系
看護師
保健師
助産師
医師
リハビリ系
理学療法士
作業療法士
視能訓練士
義肢装具士
言語聴覚士
医療技術系
臨床検査技師
臨床工学技士
診療放射線技師
歯科系
歯科衛生士
歯科技工士
歯科医師
柔整・鍼灸系
あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
救急救命系
救急救命士
福祉系
介護福祉士
社会福祉士
精神保健福祉士
薬学
薬剤師